東京都立小石川中等教育学校

ニュース

2021/08/05 SSH

SSH生徒研究発表会に参加しました

SSH生徒研究発表会

2021年8月4日(水)に“令和3年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会“が神戸国際展示場で対面開催され、本校6年生1名が学校代表で参加し、ポスター賞を受賞しました。

 

このイベントは、毎年8月上旬に全国のSSH校の代表生徒が集まり2日間のポスター発表を行うものです。昨年度はコロナ禍のためオンライン開催でしたが、今年度は分野ごとに1日ずつの開催となり、参加者は発表者と教員1名のみで見学時間もグループ分けされ、感染予防対策を十分に行って開催されました。例年行われている各分野から選出された研究の口頭発表は8月20日にオンラインで行われます。

 

A日程(8月4日)が物理・工学部門、数学・情報部門、地学部門
B日程(8月5日)が化学部門、生物部門

 

本校はA日程の物理・工学部門に参加し、「音色の違いを分析する~周波数に着目した倍音の違い~」を発表しました。この研究はフィロソフィーⅤ・Ⅵで行っている個人研究です。


当日は途切れなく多くの生徒や参加教員、審査員や管理機関の先生方に研究内容を聞いていただきました。どの方からも質問をたくさんしていただき、互いによい研究交流の機会となりました。


<参加生徒の感想>
まず、このような状況下で神戸まで行き、発表会に参加できたことをとても有難く思います。
 去年から今年にかけて研究発表を直接行う機会が無かったので今回、直接対面で発表や質疑応答が出来たことが嬉しかったです。
 そして、他校の様々なレベルの高い発表を見られたこと、他校の方と研究を通して交流が出来たことは貴重な経験になりました。
 今回得た経験を校内の発表などを通して周囲に還元するとともに、自身の将来に活かしていけるように、今後も頑張っていきたいと思います。