東京都立小石川中等教育学校

制服・校章・校歌

代表的な男女の制服の写真

制服

前期課程はブレザースタイルの制服を着用します。
女子は2種類のスカートとズボン、男子は2種類のズボン、ネクタイは2種類のものから選択できます。
セーターとベストも学校が指定するものが用意されています

後期課程は授業を受けるのにふさわしい服装を各自で考え、制服またはそれに準じた品位ある服を着用します。

校章

本校の校章は、ムラサキ(紫草)の花をデザインしたものです。
ムラサキは武蔵野(東京府・東京都)の意を表現すると共に、五枚の花弁によって府立第五中学・都立第五高等学校を表現したものとして、現在の小石川中等教育学校へ受け継がれています。
デザインは五中卒業の榮久庵憲司氏です。

校歌

●作詞伊藤 長七  ●作曲 北村 季晴

1
豐葦原の中原と
拓(ひら)きましけん日本武(やまとだけ)
尊(みこと)のみいつ吾嬬路(あづまぢ)に
古りし歴史は二千年
今將(は)た仰ぐ帝城の
武藏の國ぞ大いなる
2
源遠き文明の
科學(くわがく)の道に分け入りて
一もと咲ける野の花の
ゆかりの色を翳(かざ)す時
立つるやここに創作の
眞理(まこと)をきそふ志
3
平和の光今更に
五州(ごしう)の海に輝きて
惠の波のいやひろく
八州(やしま)の外(ほか)に布(し)くところ
振(ふる)はんかなや開拓の
吾が校友の精