東京都立小石川中等教育学校

特色

本校は大正7(1918)年に府立五中として開校しました。
初代校長の伊藤長七は、教育信念として「詰め込み受験教育を否定し、自ら究める力を養う。」「自律の精神を養う。」「科学する研究心を養う。」の3つをあげていました。

100年以上たった今でもその理念は受け継がれ、教育理念「立志」「開拓」「創作」を実現する具体的な方針として小石川教養主義、理数教育、国際理解教育を3つの柱とした教育活動を展開しています。

特色1

小石川教養主義

  • すべての教科・科目を学ぶ
  • 小石川フィロソフィー
  • 第2外国語
  • 小石川セミナー
  • 充実した学校図書館

特色2

理数教育(SSH)

  • SSHの取り組み
  • 6年間を貫く課題研究
  • 高度な理数系カリキュラム
  • 科学的思考力をもったグローバルリーダーの育成
  • 大学との連携や接続
  • 教員の指導力の向上

特色3

国際理解教育

  • 東京グローバル10の指定
  • 外国人教員の活用
  • ライティングワークショップ
  • 語学研修
  • 国際交流
  • 国際系コンテスト近年の実績
  • 留学関連

特色1 小石川教養主義

すべての教科・科目を学ぶ

小石川では6年間を通してクラスを文系理系に分けることなく、すべての教科・科目を学ぶことで、広く深い知識に裏付けられた教養を養います。

小石川フィロソフィー

中高一貫教育校の特徴を活かし、1・2年で課題研究の基礎的スキルを学び、3・4年でプレ課題研究や発信力の向上に取り組み、5年で課題研究を深め、6年で各自で取り組んだ課題研究のまとめを行っています。

第2外国語

後期課程(4年生~6年生)では自由選択科目として中国語・ドイツ語・フランス語が開講されており、4年生は約7割の生徒が学んでいます。

小石川セミナー

生徒が知的好奇心や学習意欲を高め、豊かな教養と高い志を持つことをねらいとして、日本や世界における第一線の学術研究者による講演会を年数回行っています。小石川セミナーは全校生徒が参加しますが、保護者も参加することができます。

充実した学校図書館

学習の場ともなっている図書館は、蔵書数は約4万冊、また、インターネットに接続できるコンピュータが20台設置されています。生徒たちは、学校図書館の様々な資料を活用する中で、情報活用能力を高めるとともに「知的好奇心」を育んでいます。

ビブリオバトル(書評合戦)

ビブリオバトルとは自分が好きな本や読んでおもしろいと思った本の魅力を紹介し、どの本が読みたくなったかを競うというものです。
コンセプトは「人を通じて本を知る 本を通じて人を知る」です。発表者(バトラー)が1人5分の持ち時間で書評した後、バトラーと観客による投票で一番読みたくなった本「チャンプ本」を決定します。小石川では、ビブリオバトルを年数回行っています。