東京都立小石川中等教育学校

教育目標・教育課程

教育理念

小石川中等教育学校の教育理念は、「立志」、「開拓」、「創作」です。
この教育理念は、大正7年に府立五中として創設された当初から掲げられ、小石川高校を経て、100年以上に渡って継承されてきました。
この教育理念の下に、「自ら志を立て、自分が進む道を自ら切り拓き、新しい文化を創り出す」ことのできる人材の育成を目指しています。

育てたい生徒像

学校のグランドデザイン

教育理念「立志」「開拓」「創作」教育理念の下、上記の“育てたい生徒像”を実現するために、3つの特色ある教育活動「小石川教養主義」、「理数教育」、「国際理解教育」を推進しています。

グランドデザイン
グランドデザインPDF(341KB)

小石川の教育課程の特徴

文系・理系にクラスを分けずに全員がすべての教科・科目をバランスよく学ぶこと、4年生から自由選択科目として第2外国語を学べること、6年生で週22時間の特別選択講座を配置していることです。

また、教育課程上最大の特色は、全員が6年間を通して課題探究型学習「小石川フィロソフィー1~6」に週1~2時間取り組むことです。

6年間の成長を支える魅力あるカリキュラム
6年間のカリキュラム(1.6MB)

小石川ではこれらの学びを通して、幅広い教養を育むとともに、課題解決に必要な思考力や判断力、表現力などを養います。

年間授業計画

令和元年度の年間授業計画は こちら をご覧ください。