教育目標・カリキュラム

教育目標・教育目標の考え方

教育目標
  • 「未来をみつめ、高きを求める人を育てる」
  • 「からだを鍛え、情操の豊かな人を育てる」
  • 「自己にきびしく、責任を重んずる人を育てる」

教育目標のもと、本校では、調和のとれた人格形成を目指す教育を進めています。理性を育て、学力を高めることはもちろん、他者への思いやりの心をもって行動する力、やるべきことを最後までやりきる力、何事にも積極的にチャレンジする力、様々な物事に感動し、そして感謝する力をすべて併せ持つ人材を育成する教育を行います。

教育目標の考え方

教育目標達成に向け、高校3年間は学習のほか、部活動、学校行事、生徒会活動などの多様な経験の中で、社会で活躍する基本を身に付ける場です。そのための大きな一歩を教職員一丸となって応援します。

  • 《得意を伸ばして、苦手を克服、君のやる気に答えます》
    オールラウンドな学力の養成を目指し、希望する進路へ向かって惜しみなく努力する生徒をサポートします。
  • 《部活動で心と体を鍛えます》
    高校生活を充実させるもの、それは部活動です。明るくさわやかな部活動は清瀬高校の特徴です。部活動を通じて、体力を養い、思いやりの心を育みます。
  • 《行事で生徒が成長します》
    行事は生徒自身で運営され、とても盛り上がったものになります。行事が終るたびに「成長したな」と思える実感をもつ生徒がたくさん生まれます。

先生からのメッセージ

本校は、教育の方向性を示す5つの柱を掲げ、常に笑顔を心掛け、チャレンジ精神と思いやりの心を大切にできる「自立した生徒」の育成を約束します。

  1. 「進学指導研究校」清瀬高校は、3年間にわたって進路シラバスに基づくきめ細かな進路指導を行い、行きたい大学への進学をサポートします。
  2. 「アクテイブ・ラーニング推進校」清瀬高校は、アクテイブ・ラーニング型授業実践により、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性をもって多様な人々と協議をして学ぶ態度」を身に付けさせます。
  3. 「海外学校間交流推進校」清瀬高校は、異文化交流を通して異文化への寛容な態度を育み、豊かな国際感覚を養い、国際的に活躍できる人材を育成します。希望者対象のオーストラリアへの海外研修を実施。
  4. 「スポーツ特別強化校」清瀬高校は、スポーツ特別強化部に指定されている、ソフトテニス部と少林寺拳法部を中心に、多くの運動系部活動で関東大会や全国大会に出場できる生徒を育てます。
  5. 「文化部推進校」清瀬高校は、文化部推進校に指定されている美術部を中心に、多くの文化部系部活動で全国大会に出場できる生徒を育てます。

学校のグランドデザイン

グランドデザインPDF(128KB)