東京都立小松川高等学校

ニュース

2021/04/07 イベント

入学式を挙行しました

4月7日(水)、106期生の入学式を挙行しました。

校長式辞の中では、教育者として国際人として活躍した新渡戸稲造の「逆境があるから我々は他人に対し思いやりの心を持つことができる。」という言葉が紹介されました。どんな境遇にあろうとも「さて、その先は」と少し爪先立ちで考え、自らの志を実現させてください。

また、新入生誓いの言葉では、これから始まる高校生活を何事においても自分で考え主体的に行動することを誓いました。

大きな志をもって、3年間で大きく成長することを期待します。

202104071.jpg 202104072.jpg