東京都立小松川高等学校

教育目標・カリキュラム

教育目標・教育目標の考え方

教育目標

生徒一人一人の個性を尊重し、自ら開発する力を養うとともに、真理を追究し、心身共に健康で、平和的な国家及び社会の形成者を育成する。具体的な目標については、学校評価の結果や地域社会からの要望等を踏まえ、以下のように設定する。

  • 知性と品性を高め、情操を豊かにする。
  • 互いに自由と人格を尊重し、思いやりと規範意識を育てる。
  • 自学、自治、真摯な態度を身に付ける。
  • 質実を重んじ、勤労と奉仕を愛する精神を養う。
  • 運動に励み、体力・気力・精神力を鍛える。
教育目標の考え方
  • 幅広い知識と教養、深い洞察力を身に付けさせ、体力と感性を向上させるため、基礎・基本の徹底を図る。
  • 国際社会で活躍する生徒の育成に向け、外部人材や関係機関との連携を通した探究活動や本物体験活動を充実させる。
  • 国立大学の入学者を増やし、社会のリーダー層を輩出するため、文武両道を目指す進路指導計画「ウィンズプロジェクト」を中核とした、予備校に頼らない進学指導を一層推進する。
  • 社会人としての規範意識を醸成し、公共心を持ち自立した生徒を育成するため、生活指導の徹底を図るとともに、道徳教育を充実させる。
  • 地域や社会に貢献する態度を育成するとともに、協調性や対人能力を向上させ変化に対応する人間力を身に付けさせるため、社会貢献活動を活発にし、学校行事等の特別活動や部活動の充実を図る。

先生からのメッセージ

教務部主任 小山 栄二

中学生のみなさんへ

学校選びは必ず自分で決めて下さい。「親・中学校の先生・塾の先生などの薦めがあったからこの学校を受験した」のではなく,「自分が行きたい学校はここだから」と思える学校を探して下さい。目標ができると人間は大きく成長することができます。まずはいくつかの高校に足を運び,自分の目で確かめて下さい。上に教育目標について書きましたがそれぞれの学校には特色があり,それらが自分に合っているかを肌で感じてきてください。

在校生を含めた生徒達へ

私は小松川高校に異動して11年目になります。学年主任を任された100期生は1学級増となり9学級でした。自分の子供が360人に増えたような気がして毎日が本当に楽しかったです。子供達を見ていて一番感じることは,「生徒が学校を作っている」ということです。自分を磨き,他人との関わりを大切にしながら,学校生活を送っている生徒一人一人の蒔いた種が実を結び,今の小松川高校が出来てきました。これからも,みんなで小松川高校をもっともっと素敵な学校にしていきましょう。

学校のグランドデザイン

グランドデザインPDF(450.5 KB)