東京都立千早高等学校 全日制

学校からのメッセージ

小塩明伸校長の写真

千早高校のホームページにようこそ!!
令和2年4月1日付けで校長を拝命しました。小塩明伸です。
本校は、ビジネスと英語を中核とし、「Creating your Futures」を合言葉に、生徒が本校での教育活動を通じて、他者との関わりの中で主体的に活動し自らの学びを深め、将来に渡り学び続けていくことができる能力を育成する進学型専門高校です。
また、東京都教育委員会から「東京グローバル10」や「海外学校間交流推進校」の指定を受けており、意欲ある生徒の外国語力の向上を推進するとともに、積極的に国際交流を行い国際理解教育を一層推進し、次代を担うグローバル・リーダーの育成に向けて取り組んでいます。

★English 『使える英語』★

本校の英語教育の特徴の一つに、英語の「多読」があります。これは、「辞書は使わない」「分からない所は飛ばして読む」「つまらなくなったら止める」という多読 3 原則に従い、自分の力で読むことができる本をたくさん読みながら英語の基礎を学習するものです。本校独自の『ERP(多読と発表)』という授業を中心に英語の基礎を学び、1 学年ではイングリッシュ・キャンプ、2 学年では海外修学旅行において授業で学んだ英語を実際に活用することで、コミュニケーション能力が身に付きます。特に、東京都教育委員会から「東京グローバル10」や「海外学校間交流推進校」の指定及び「国際交流リーディング校」の認定を受け、他校に無いグローバル人材の育成にも力を入れています。
この他、希望制による英国国立大学での夏季語学研修や通信講座等、他校にはない「千早 English Island」(海外連携プログラム)を展開するとともに、各種団体が主催する英語スピーチコンテストに出場し、入賞を果たすなど『使える英語』を楽しく学んでいます。

★Business『役立つビジネス』★

本校のビジネス教育には、簿記や情報処理といった基礎的な科目のほかに、本校独自の『コミュニティデザイン』という授業があります。これは、環境や福祉などの分野における様々な社会的課題について、ビジネスを通してどのように解決していくかという「ソーシャルビジネス」を学習するものです。授業ではワークショップやフィールドワークなどを行い、外部講師からの指導助言を受けながら報告書や発表内容をまとめることで、実社会における課題解決能力やプレゼンテーション能力が身に付きます。更に、近年、大きな社会的取組の一つであるSDGsについても学校を挙げて推進しています。
その他、課外活動として社会貢献活動や企業活動を体験する「CBP(千早ビジネスプロジェクト)」などを展開し、地域や地方公共団体、企業や大学、NPOなどと連携した特色ある授業、夏季ベトナムビジネス研修など、『役立つビジネス』を社会から学んでいます。

★RESPECT『他者への尊敬の精神』★

本校の校歌に、「やさしいまなざしを人にむけて生きよう」「友だちの痛み分かちあって」という歌詞があります。すべての人が安心して楽しく学ぶことができる学校であるためには、一人一人が規律ある生活を送ると共に、各自が周囲の人のことを考えてお互いの気持ちや立場を大切にし、人間関係を築いていく必要があります。
本校では、「RESPECT」を持って常に行動できるように、学ぶ者として守るべき姿勢を中心に生徒指導を行っています。他者に威張らず、自分に卑屈にならない人間の育成です。教育活動のすみずみに、『他者のへの尊敬の精神』が息づいています。

中学生の皆さんには、学校見学や学校説明会、授業公開などに参加して本校の特色ある教育内容を十分理解した上で入学し、モチベーションを高く保ちながら、高校生活の3年間を過ごしてほしいと願っています。皆さんのご来校をお待ちしています!!

東京都立千早高等学校校長 小塩 明伸