東京都立飛鳥高等学校

学校からのメッセージ

校舎の写真

校長あいさつ

 飛鳥高等学校は、平成8(1996)年に都立では初の単位制普通科高等学校として開校しました。普通科高等学校としてホームルームがあり、学年ごとに進級して、多くの生徒が大学、短大、専門学校などに進学します。また、単位制高等学校として多彩な選択科目から、自分の進路や興味・関心に合わせて必要な科目を選択することができます。国語、数学、英語では少人数制授業や習熟度別授業を行い、それぞれの進路や能力に合わせて学力を伸長します。開校以来、英語の飛鳥として英語教育と国際理解教育を教育活動の柱としています。
 東京都から国際理解教育推進校として「GE-NET20」の指定を受け、アメリカやフランスの高等学校と協定を結び、海外との交流活動を進めるとともに、オンライン英会話や英語外部検定指導などの取組を充実させています。学校行事や部活動も活発であり、スポーツ特別強化校の指定を受けている女子サッカー部を筆頭に、様々な場面で生徒たちが活躍しています。
 学び、部活動、学校行事、英語や国際理解教育に関心があり、何でも挑戦してみたいと思っている皆さん、飛鳥高等学校で翼を広げて、大きく羽ばたいてみませんか。

東京都立飛鳥高等学校長
堀江敏彦