東京都立飛鳥高等学校

  

特色

グローバルに活躍する個性豊かな次世代を育てる

01

都立初の全日制単位制普通科高校

本校は、平成8年に都立高校初の単位制普通科高校として開校しました。自ら学習する科目を選び、自分に適する時間割で主体的に学んでいきます。授業での発表や文化祭での演劇など、プレゼンテーション能力の育成に力を入れている学校です。

02

東京グローバル10

東京都から国際理解教育推進校として「東京グローバル10」の指定を受け、アメリカやフランスの高校と協定を結び、相互交流しています。また、海外とのオンライン英会話や英検受験指導を充実させています。

03

様々な指定校

東京都教育委員会から、「スポーツ特別強化校(女子サッカー)」「進学指導研究校」「アクティブ・ラーニング推進校」などの指定を受け、教育活動の更なる充実に取り組んでいます。

飛鳥高校の教育活動

本校の特色ある学びを紹介します。

少人数・習熟度別授業

授業は単位制の特長を生かし少人数、または習熟度で実施(英数国は全授業)しています。生徒にあった授業で、基礎から大学入試まで、学力を付け、伸ばしています。

多彩な選択科目

さまざまな分野の教科・科目を設置しています。自分の夢を見つけ、能力を伸ばし、進路希望を実現するための科目選択が可能です。他の学校にはない特色ある科目を多数開講しています。

きめ細やかな英語教育

少人数・習熟度別授業により、英語が苦手な生徒にも丁寧に対応し、力を引き上げます。2年次で行く海外修学旅行をはじめ、夏季休業中のアメリカ語学研修、ホームステイ受け入れ、長期留学生受け入れなど、国際交流を積極的に行っています。

充実したサポート体制

学習内容の確実な理解・定着を図り、補習・講習などサポート体制も手厚く行っています。個人面談等を通じて個々の生徒状況や理解度に応じたきめ細やかな指導・対応を行っています。

飛鳥高校のサポート体制・取り組み

本校の様々な取り組みを紹介します。

行事

体育祭や文化祭は毎年生徒が中心となって運営・活動を行い大変盛り上がり、活力のある行事となっています。