東京都立立川国際中等教育学校

学校からのメッセージ

玄関口の写真

校長あいさつ

校長写真 校長 幸田 諭昭

東京都立立川国際中等教育学校のホームページにようこそおいでくさいました。

本校は、都立の中高一貫教育校の中で唯一校名に「国際」を冠し、平成20年4月に開校しました。

今日、世界は、情報通信技術の進歩や交通手段の発達などに伴い、人・情報・物の国際間移動が容易となり、世界的な貿易自由化の流れとあいまって、経済をはじめ様々な分野で国際化が進んでいます。また、海洋汚染や気候変動の問題、世界の貧困や国際紛争など国際社会が取り組むべき課題が数多く顕在化しています。

このような中、我が国が国際社会とともに将来にわたって発展し続けるためには、幅広い分野で世界を舞台に、諸外国の人々と協調して活躍できる人材が必要となっています。幅広く高度な教養のもと、豊かな国際感覚を身に付け、地球規模で考え行動できることが求められています。

本校の教育目標は、「国際社会に貢献できるリーダーとなるために必要な学業を修め、人格を陶冶する。」です。「学業を修める」とは、物事の本質を見抜くための力の基盤をつくることです。そして、「人格を陶冶する」とは、心身を鍛え、物事を正しく適切に判断できるよう、鍛錬することです。人を想い、想われる信頼関係を築いていくことが大切です。

この教育目標をより具体化し、教育活動につなげていくため、グランドデザインを制定しました。

Road to Global Citizens   〜Think Globally, Act Locally〜   

ユネスコが掲げる「地球市民」の概念には世界の課題を自分事として捉える態度「当事者意識」、「問題解決への意欲」、そして勝ち負けの論理ではなく共生の論理として「対話的姿勢」があります。これと本校の教育理念を融合させ、以下の4つの資質・能力の育成を目指します。

本校には、将来、国際社会で活躍するリーダーを輩出するために必要なプログラムが、贅沢にそろっています。豊かな人生にするために、かけがえのない青春時代を、私たちと一緒に立国(たちこく)で過ごしてみませんか。

〜教育の理念〜

「校章」の由来

地球を、鳥の羽にかたどった月桂樹で囲み、学校のイニシャルである 「T」(立川)「K」(国際)を配した。教育目標に基づき、国際社会に貢献で きるリーダーとして、世界に羽ばたくことを期したものである。