東京都立翔陽高等学校

特色

01

全日制単位制高校

都内に23校ある単位制高校の1つである本校は、個性や特性、進路希望に対応した特色型単位制の学校です。文系・理系に偏りなく多くの選択科目が設置されており、自分の進路に合わせた学習ができます。

詳しくはこちら

02

進学指導を重視

少人数・習熟度別クラス、予備校サテライト講習、土曜授業、クラウド型学習支援システムの導入、セミナー合宿(勉強合宿)の実施など難関大学合格を視野に入れた進学指導を重視した学校です。進学実績も年々向上しています。

詳しくはこちら

03

豊かな人間性の育成

日々の授業を大切にするとともに、体験を重視し、強い自立心の育成と個性の伸長に努めている学校です。そして学校行事や部活動において自己肯定感を養い、規範意識と思いやりの心を育む機会を多数設けています。

翔陽高校の教育活動

本校の特色ある学びや活動を紹介します。

英語教育の推進

本校は、東京都教育委員会より「英語教育推進校」の指定を受け、「聞く、話す、読む、書く」の英語4技能を伸ばすとともに、英検(実用英語技能検定)やGTEC等の資格取得を目指しています。イングリッシュキャンプなどの英語関連行事やALTと連携した授業等で、使える英語力を伸ばしています。

国際理解教育

本校は、「海外学校間交流校」の指定も受けており、留学生の受け入れや海外修学旅行での現地校との交流など、多くの国際理解教育の機会を設けています。グローバル社会の中で活躍する力を育むために、英語4技能の育成だけでなく、豊かな国際感覚を醸成していきます。

進学指導研究校

東京都教育委員会より「進学指導研究校」の指定を受け、進学指導をより充実させています。長期休業中の講習等の実施や「総合的な探究の時間」を活用し、生徒の希望進路の実現に向けて支援を行います。本校では、現役進学決定率は80%以上になっています。

総合的な探究の時間

本校では、1年次を地域探究、2年次を国際探究、3年次をキャリア探究と位置づけ探究活動を行っています。八王子市や修学旅行先と連携をとりながら総合的な探究の時間を中心に、各教科・科目でも探究的な学びを実践していきます。

翔陽高校のサポート体制・取り組み

本校の様々な取り組みを紹介します。

独自の進路指導

「はばたきプラン」と呼ばれる総合的学習の時間で充実のキャリア教育を行なっています。進路設計や進路実現に必要な能力の育成を図るため、進路適性検査や職業研究、セミナー合宿、大学出張講義、大学入試ガイダンス等のプログラムで生徒たちを応援しています。

次世代リーダー育成道場

東京都教育委員会が実施する、国内事前研修で様々なことを学び、その成果をもって留学にチャレンジする都立高校生等を支援するプログラムです。世界を舞台に活躍する国際感覚豊かでたくましい若者を東京から輩出していくことを目的としています。このプログラムに挑戦する翔陽生が何人もいます。

盛んな学校行事

本校は、学校行事にも生徒が主体的に取り組み、達成感を味わっています。特に、3大祭(体育祭・合唱祭・文化祭)を中心に学校行事が盛んです。

恵まれた教育環境

大きな望遠鏡を備えた天文室、機器が充実したトレーニングルーム、 明るい日差しの入る教室、広く充実した図書館、空調完備な体育館など、本校は学習環境が整っています。豊かな自然に囲まれて、落ち着いて学習ができる雰囲気です。

部活動

部活動・同好会(運動系)

男子バレーボール、女子バレーボール、男子バスケットボール、女子バスケットボール、バドミントン、卓球、水泳、剣道、サッカー、硬式野球、陸上競技、男子硬式テニス、女子硬式テニス、弓道、フットサル同好会

部活動・同好会(文化系)

吹奏楽、ESS、自然科学、文芸部、和太鼓、茶道、ダンス、家庭科、写真、漫画同好会、演劇同好会、かるた同好会

行事

3大祭(体育祭・合唱祭・文化祭)を中心に学校行事が盛んです。他にも海外修学旅行やイングリッシュキャンプなど一年を通して楽しめる行事がたくさんあります。