東京都立青梅総合高等学校

  

沿革

平成14年3月26日
東京都立青梅東高等学校と東京都立農林高等学校の全日制課程と定時制課程を発展的に統合、両校のこれまでの教育実績を踏まえた総合学科高校として設置することとする。
平成16年4月1日
東京都立青梅地区総合学科高等学校(仮称)開設準備室を東京都立農林高等学校内に設置される。
平成18年4月1日
東京都立青梅総合高等学校が開校される。1期生が入学する。 校舎校門の写真
平成20年
陸上競技部インターハイ出場(女子走り幅跳び)
平成22年8月
「食・農・自然体験in小笠原(体験学習)」を実施する。(~平成28年)
平成22年10月15日
ドイツ・カントギムナジウムとの姉妹校提携に調印する。
平成24年10月
ドイツ・カントギムナジウムからの留学生受け入れが始まる。
平成25年
陸上競技部インターハイ出場(男子三段跳び)
平成25年
ドイツ・カントギムナジウムからの留学生受け入れが始まる。
平成25年
和太鼓部全国大会出場(長崎総文祭)
平成26年
陸上競技部全国選抜大会出場(女子三段跳び)
平成27年2月
グアム修学旅行(現地校交流)が始まる
平成27年
和太鼓部全国大会出場(滋賀総文祭)
平成27年10月26日
十周年記念式典が催される。
平成28年
和太鼓部全国大会出場(広島総文祭)
平成30年
和太鼓部全国大会出場(長野総文祭)
令和元年6月11日
大韓民国・釜山外国語大学校と国際交流の協定書を結ぶ。