東京都立青梅総合高等学校

  

ニュース

2020/06/10 新着情報!

校長先生より・・・その5

本校生徒のみなさんへ

 長く続いた臨時休業を終え、学校を再開できたことがとても嬉しいです。生徒のみなさんの姿が見えない学校は、ただの冷たい建物としか感じられないこともありました。今は、分散登校という形態ではありますが、建物は温かみを得て、青梅総合高校本来の姿を感じさせてくれます。

 生徒のみなさんも、学校再開となって徐々にではありますが、学校生活の楽しさを再認識していることでしょう。例えば、友達やクラスメイト、部活動や委員会の仲間、先生方等との久しぶりの再会は、なんでもない日常がいかに大切であったかを、感じさせてくれませんでしたか。

 新入生は、ある意味6月が高校生活スタートとなり、本校合格決定後いろいろとイメージしていた事ができなくて残念な気持ちであったことでしょう。けれども、先生方だけでなく先輩たちも、新入生に対して気にかけてくれていますし、応援していますよ。

 「新しい日常」とは、新型コロナウィルス感染拡大防止についての考え方や行動の変容を実行することです。今後の「青総生の高校生活」とは、それを踏まえて「自分でつくる、自分の未来」を目標に、学習・部活動・行事等を一人ひとりが大いに楽しみ、みんなで仲良くやっていくことです。

 さて、生徒のみなさん、充実した高校生活再開の第一歩が6月15日から始まる授業再開となります。部活動も制限はありますが実施できます。もうしばらくは1週間に3日程度の登校日ですが、ここから徐々に理想の高校生活を取り戻しましょう!

校長

【保護者のみなさまへ】

 本校では、都教育委員会の「新型コロナウィルス感染症対策と学校運営ガイドライン~学校の「新しい日常」の定着に向けて~」に沿い、各年次に対して段階的に登校日を設定しております。

 校内での対策として、保健部からのお知らせ等で詳細をお伝えしておりますが、大切なのは、生徒の期待に応える青総でありたい、と我々教職員は現状を踏まえた十分な感染症対策を実施した上で、今後の教育活動について工夫し取り組んで参ります。

令和2年6月10日

校長 鈴木 信也

DSC_1494.jpg

午後の分散登校の風景(健康チェックを受けてから校舎に入ります)