校章

東京都立農業高等学校

学校からのメッセージ

花壇の写真

校長あいさつ

東京都立農業高等学校長
一ノ瀬 淳

本校は明治42年、東京府北多摩郡立農業学校として創立されました。大正12年、東京府に移管され、東京府立府中農蚕学校と改称されました。昭和23年、東京都立新制農業高等学校として、農業と家庭の各科を設置しました。そして、昭和25年、現在の東京都立農業高等学校となり、常に社会の変化に対応した先進的な取り組みを行い、農業および家庭に関する専門教育を積極的に推進してきました。

現在、農業に関する学科として、都市園芸科、緑地計画科、食品科学科を設置しています。また、家庭に関する学科として、服飾科、食物科を設置しています。

スクールミッションを「人とのつながりを大切にし、地域社会に貢献できる生徒、創造力を働かせ、意欲的に衣食住に係る提案をすることができる生徒、専門的な知識や技術を生かし、プロフェッショナルとして活躍できる生徒を育成します。』と定め、『夢を創造する農業・家庭のプロフェッショナル』を未来の生徒像としています。

生徒は、農業および家庭に関する専門教育を通じて、一人一人の将来の夢の実現、社会に役立つ人間になることを目指して学校生活を送っています。また、卒業生が築き上げてきた本校の伝統と校風を受け継ぎ、発展させるよう、学校生活を送っています。

さらには、本校の生徒は、真面目で優しい心を持つとともに、互いに切磋琢磨しながら日々努力することにより、成長しています。人間生活に必要不可欠な「衣・食・住」を学ぶ事ができる高校が東京都立農業高校です。このホームページをご覧になって、農業高校全日制課程に少しでも興味・関心をもたれましたら、是非ともお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。