東京都立久留米西高等学校

進路指導・キャリア教育

進路実現に向けての取り組み

3年間を見据えたキャリア教育、生徒ひとりひとりの希望進路の実現!

第1学年 自己を知る(自分の学習)
  • ホームルーム・総合的な学習の時間・進路ガイダンスを通して学び、自分自身を見つめ直して、自己を知る。
  • 適性検査、各種テストにより自分の性格・自分の興味・関心を知る。
  • 進路の手引き・進路ノート・進路情報誌等を活用して、最新の情報を得る。
第2学年 自己の可能性を知る(仕事の学習)
  • ホームルーム・進路ガイダンスを通して学び、自己自身の適性・能力を知る。
  • 進路ガイダンス・進路の手引き・進路情報誌・オープンキャンパス等を通して、上級学校や職業に関しての情報収集を行う。
  • どんな仕事に就きたいのか、そのためには何をすればよいのかを知る。
第3学年 自己の進路を拓く(進路先の学習)
  • 高校生として必要な能力「マナー」「コミュニケーション力」を身に付ける。
  • 生徒一人一人が、面接練習や小論文練習を行いオープンキャンパス・会社見学に参加する中で、自分自身の目的意識や進路先への志望動機を明確にしていく。
  • 希望進路の実現を目指して、具体的な学習に取り組む。