進路指導・キャリア教育

1学期に行われた進路行事

◎各学年キャリアガイダンス

第1学年 


第1回 4月11日(火)

進路主任より、「3年間の進路指導の流れ」「高校時代に身に付ける力」「高校での学習について」という3つのテーマを中心にガイダンスを行いました。

第2回 6月14日(水)

進路主任より、配布された「進路の手引き」の利用方法についての説明をしました。また、この春に卒業した75期生の受験結果をもとにして、1年生のうちに意識すべきことや、取り組むべきことについての講義を行うとともに、進路意識調査アンケートの結果からスマートフォンの利用時間や学習時間についての注意を行いました。

第3回 7月12日(水)

卒業生をお招きして、キャリアガイダンスを行いました。今年は東京大学、東京農工大学に進学した先輩からお話をいただきました。

自分たちの体験をもとに、勉強も行事も全力で取り組むことの大切さや、そのためには授業は大切にすることはもちろん、隙間時間なども活用すること、スケジュール管理をしっかり行って、予定を可視化することが有効であるなど、大変有意義なアドバイスをしていただきました。

その後のアンケートに「しっかりと目標をもって計画的に努力していきたい。」「時間の使い方を改めたい。」「授業では集中し、工夫してノートを取りたい。」などといった感想が多数書かれていました。きっと1年生は入学して1回目の考査が終わったばかりで、進路のことは早いと思っている人もいたかもしれません。しかし、次のステージを見据えていくことは大切なことです。文化祭に向かうこの時期に、身の引き締まる、貴重なお話をうかがうことができました。

shinro1

第2学年 


 5月24日(水)

進路主任より、①「進路研究の第一歩 ~75期生の入試結果より~」 ②「77期生の状況」 ③「2年生の進路指導」 ④「進路実現に向けて」という4つのテーマを中心にガイダンスを行いました。具体的には①については75期生の「大学入学共通テスト」の結果と合格状況についての分析、②については進路意識調査から、自宅学習時間やスマホの使用時間についての状況を解説しました。特に、スマホの使用時間は注意していかねばならない現状であることを再確認しました。③④については、なぜ大学に行くのかを考え、志を高く持ち、志望を下げることなく高い目標に向かって最後まで頑張ることが大切、ということや、新課程入試についての情報を共有しました。

第3学年 
 
進路主任より、①「75期生の入試結果」 ②「76期生の状況」 ③「進路実現に向けて」という3つのテーマを中心にガイダンスを行いました。具体的には①については75期生の「大学入学共通テスト」の結果と合格状況についての分析、②については75期生の同時期の状況と比較しながら、76期生の強みや改善すべき点についての話をしました。進路意識調査からスマホの使用について時間の管理ができていない生徒が多く、注意していかねばならないことを再確認しました。③については、学校推薦型選抜、2024年度入試の変更点などの情報を共有しました。2024年度入試は新課程入試の前年にあたり、現役生がどうしても弱気になることが予想されているが、絶対に志望を下げることなく最後まで76期生一丸となって頑張りきることが大切とだということを確認しました。
 

◎東大ガイダンス

令和5年5月19日(金)実施

駿台予備学校 お茶の水3号館(東大専門校舎)校舎責任者の吉井素子氏に「東大の魅力、東大入試の基礎知識、東大合格に必要なこと」というテーマで進路講演をしていただきました。

1年生から3年生まで合計53名の生徒が参加しました。

東大の施設、研究費や進路先などについての情報や、募集定員、入試科目、配点などの基礎知識から入試問題の傾向と対策にまで及ぶ入試情報、また、合格に向けてこれからすべきことなどについてのお話をしていただきました。参加した生徒たちも真剣にメモを取りながら聞き入っており、それぞれの進路実現に向けた大変有意義なお話が聞けたのではないかと思います。

shinro2

◎医学部ガイダンス

 令和5年5月25日(木)実施

河合塾 麹町校 校舎長の神本優氏に「医学部医学科に関する基礎知識、医学部医学科合格に必要なこと」というテーマで進路講演をしていただきました。 

1年生から3年生まで32名の生徒が参加しました。

医学部医学科の国公立大学と私立大学の違いについてなどの基礎知識から、入試における今後の志望動向や合格するために必要な力などについてのお話をいただきました。夢の実現のためには、やはりそれ相応の努力が必要なことも分かり、それぞれが身の引き締まる思いになったようでした。

◎医療系進学セミナー

 令和5年6月22日(木)実施

立川相互病院の現役の医師、看護師、薬剤師3名をお招きし、医療系への進学を考えている生徒へのセミナーを実施しました。医師の方は本校の卒業生でした。それぞれの方が、パワーポイントを使って、その職業を選んだ経緯、大学の選択、受験勉強などの体験談や、実際の業務内容、チーム医療の現状などを、具体的にわかりやすく話をしてくださいました。また、質問コーナーではさまざまな質問や相談が出て、それらに対し丁寧な回答をいただきました。参加者のアンケートには、「現場での経験などリアルで貴重なお話を聞けてよかった」「自分は医師を志望しているが、看護師、薬剤師のことも学ぶことができて大変勉強になった」「現実の話を聞いて未来を想像できたことで、今の自分は何をするべきなのかを考えるきっかけとなった。参加してよかった」などの感想が寄せられ、有意義な時間となったことがうかがえました。

◎75期卒業生を励ます会

 令和5年7月8日(土)実施

この春卒業した75期生で、もう一度受験をする予定の卒業生を対象に「75期卒業生を励ます会」と称して激励会を実施しました。卒業生40名が参加してくれました。同窓会からカツサンドの差し入れをいただくとともに、後援会から飲み物もいただき、会食をしながらの実施となりました。同窓会、副校長、75期担任団から激励の言葉をかけてもらいました。参加した皆が頑張っている様子を見ることができて、来春の第一志望合格の知らせが届くこと確信しました。

shinro3

 

〇東京大学見学会 2023.08.24(木)

8月24日(木)に、東大見学会が実施されました。1,2年生で90名近い参加希望がありましたが、今年度も2年生を優先し、希望した45名が参加しました。

当日は9:30に伊藤国際学術研究センター門前に集合し、安田講堂前にて記念撮影の後、午前中は東京大学全体および工学部、農学部、文学部について、教授の先生方から説明していただきました。その後、工学部と文学部の先生に模擬講義をしていただきました。

【生徒の感想から】
関心のある工学部についてどのようなことを学ぶのか、どのような研究ができるのか知ることができとても有益だった。また、今まで「農学部=耕す」の偏見を抱いていたが具体的に行っていることがよく分かり、農学部の魅力を感じる一方で自分の視野の狭さを痛感した。文学部は、歴史学、宗教なども学べることに驚いた。文学部は黙々と自分の好きな文学について1人で研究していくのかなというイメージがあったが、講義では教授や学生をこえて様々な考え方を積極的に共有しあい、答えのないものに対して多様な考え方を学んでいくというお話を聞いて文学部のイメージが変わった。いろは歌もインドの思想をもとに考えると自分が知っている解釈とはまた違う捉え方が出来るのだと知り、文学の解釈の多様さに興味を持った。

午後は、研究室を見学させていただきました。工学部では実際に実験室を訪問させていただき、充実した研究設備を見学し、最新の研究内容について学びました。生徒もこれこそが東京大学の大きな魅力の一つだと感じたようです。また、工学部と医学部が連携した研究について、医学部分子ライフイノベーション棟の中に作られた最先端の手術室を見学させていただきました。ここでも、非常に貴重な体験をすることができました。
農学部では、弥生キャンバス圃場において研究内容の説明を受ける班と、弥生講堂アネックスでバイオマス生物工学についてお話を聞く班に分かれましたが、質疑応答など充実した見学で、生徒は大いに刺激を受け、農学部に興味を持った生徒も多かったように思います。

この見学会は東京大学の施設に触れ、大学の雰囲気を味わうことができる貴重な見学会です。この経験は毎年、生徒の学業や進路決定の糧となっています。今後もこのような学校行事を通じて、生徒一人ひとりがより高い志をもって進路実現に向かっていけるよう、進路部も応援していきたいと思います。

202308東大見学会1202308東大見学会2

 

〇京都大学見学ツアー 2023.08.01-02(火)(水)

今年は1年生19名、2年生40名、計59名の参加で京都大学見学ツアーを実施しました。当初1、2年生で120名近くの参加希望者がいましたが、抽選で人数を絞っての実施となりました。

初日は、京都大学宇治キャンパスの「エネルギー理工学研究所」を訪れ、「DuET/MUSTER:材料試験・解析装置群」、「NMR:核磁気共鳴分析装置」、「Heliotron:ヘリオトロンJ装置」など3カ所の研究施設を見学し、大学教授の先生から説明を受けました。その後、大学院生との懇談を行いました。

【生徒の感想から】
まず普段絶対見ることのできないような精密機器や巨大な実験施設を目の当たりにして圧倒された。エネルギー研究所で行っていることを、先輩や先生方に教わることで、エネ研への興味がより深まったと同時に自分もここの一員となって研究してみたいという考えが芽生えた。大学生活や大学での勉強についてのビジョンを与えてくださった先生方や先輩方に感謝しています。6年後に存分に活かせたらなと思いました。

 

夜は、関西における同窓会「関西たちばな会」のご尽力で、各界で活躍するOBとの懇談会が行われました。関西たちばな会の会長でもある花園大学渡辺実先生をはじめ、前京都大学総長で現在は総合地球環境学研究所所長の山極寿一先生、オランウータン研究で有名な大阪大学田島知之先生、また現役の京都大学大学院生の小島氏などから、貴重なお話を伺えました。

 

【生徒の感想から】
素晴らしい経歴を持つ大先輩方から聞いたお話はとても楽しく、大学についても考えることができました。私が考えもつかないような研究を行っていたり、世界中にとても頭の良い研究仲間がいたりと、驚くことの連続でしたが、何よりも自分がその先輩たちと現在同じ学校に通っていることに驚きました。同時に、先輩方のようになるためにもっと勉強し、自分の可能性を広げていかなければならないと感じました。

 

2日目は京都大学吉田キャンパスを見学。午前中は、京都大学教授の有賀哲也先生の大学紹介と講義を受け、午後は12班に分かれ、京大生の本校OB・OGによるキャンパスツアーと懇談を行いました。

 

【生徒の感想から】
今、丁度化学で習っている分野の話で理解をするのに時間がかかったが、有賀先生が例を交えてわかりやすく話してくださったので、飲み込みやすかった。しかし、かなり高度な話をされていたので、まだ理解しきれていないところも多いが、これからたくさん勉強して、本日講義していただいた話が納得できるようにしたいと思う。
 先輩方から、昼食時に興味を持っていた学部についての話や一人暮らしや寮についての具体的な話が聞けてとても参考になった。その後キャンパスを巡る中で講義を行う部屋や図書館などの外観を見て、大学というもののイメージが以前よりも具体的になるとともに、大学生活が楽しみになった。

 

京都大学見学ツアーは、関西においても活躍している卒業生が多い本校だからこそ開催できるツアーです。生徒の感想にもある通り、非常に有意義なツアーとなりました。今後もこういった学校行事を計画し、生徒が一人一人の進路実現に向かっていくことができるよう、進路部も応援していきたいと思います。