進路指導・キャリア教育

進路実現に向けての取り組み

高校1年生に向けて、卒業生をお招きして、キャリアガイダンスを行いました。
今年は東京大学、一橋大学に進学した先輩からお話しをいただきました。

普段の授業を大切にし、予習や復習をきちんとやることが大切で、普段どのような勉強をしていたかという具体的なお話もありました。また、国立高校の友達や先生を信頼することが大切というお話もありました。
高校1年生は入学して1回目の考査が終わったばかりで、進路のことは早いと思っている人もいたかもしれません。しかし、次のステージを見据えていくことは大切なことです。文化祭に向かうこの時期に、身の引き締まる、貴重なお話をうかがうことができました。
先輩方のように、希望進路の実現に向けて、毎日こつこつと勉強をしていき、部活も文化祭もしっかり進めていきましょう。
高校1年生向けに進路指導主任より第2回キャリアガイダンスを行いました。
まずは、将来を見すえて進路を考えて欲しいことをお話ししました。知識・技能を身につけて、それを使う方法・利用する方法を身につけること。また、現在の職業の多くは今後無くなっていくという予測を元に、どんな職業にでも対応できる力を身につけることをお伝えしました。
大学進学が最終目標ではなく、しっかりと自分の興味関心から目標を持って進んで欲しいことをお話しました。
その一方で、自宅学習時間や、スマホ利用時間についてのデータを共有しました。スマートフォンやインターネットの使い方にもしっかりと向き合って欲しいと思います。
また、入試に関して現時点でわかっていることの情報提供もあわせて行いました。自己を大切にして、大きく羽ばたいてもらいたいと考えています。
講習イメージ1
高校2年生向けに進路部より、キャリアガイダンスを行いました。
進路意識調査から、自宅学習時間やスマホの使用時間について、具体的なデータからお話がありました。特に、スマホの使用時間に気を付けていかないといけない現状であることを再確認しました。
また、第一志望大学合格を目指して、最後まで頑張り抜くためにどうしていくのが良いのかを中心にお話がありました。なぜ大学に行くのかを考え、志を高く持ち、志望を下げることなく高い目標に向かって最後まで頑張ることが大切ということでした。
さらに、現在の大学入試の動向、モチベーションを高める工夫や合格のために必要なことのお話がありました。
これから暑くなってきて気も緩んでくる2年生のこの時期ですが、ぜひ大切に過ごして欲しいと思います。
2年生のキャリアガイダンスとして、畑迫亮氏をお迎えして「難関大を目指して」という演題でお話をしていただきました。
最近の入試傾向から、今何をしていくべきか等、椅子を用いてジェスチャーを交えながらお話しされていたことが印象的でした。生徒の皆さんも3年生に向けてどう計画を立てていかないといけないのか考え始める良い機会になったと思います。
大学入試までは思ったよりも日数がありません。毎日を大切にして過ごしていきましょう。
講習イメージ2
高校3年生キャリアガイダンス
6時間目を利用して、体育館にて3年生向けのキャリアガイダンスを行いました。
進路部からは「第一志望校合格を目指して」をテーマに、到達したい学力の目標を、過去のデータを基に具体的に示し、3年生を激励しました。
昨年度の5月は登校できていなかった期間です。自分の今の実力や、勉強の仕方、生活全般を冷静に振り返って、今年の3年生には進路実現に向けた早めのスタートを切ってもらいたいことなどを話しました。
最後は学年全員にやってもらったアンケートの結果を基に、平日どのくらい勉強時間が確保できているか、スマートフォンとの付き合い方についても触れました。年度の早いうちに意識を高めてもらい、一人一人の進路実現に向かって、進路部も応援していきたいと思います。
講習イメージ3