東京都立足立新田高等学校

特色

夢に挑戦する学校づくり
~生徒の多様な能力に 多様な教育活動で 多様な進路実現~

01

多様な3回の受検の機会

本校は、3回の受検の機会(推薦・前期・後期)を設けています。文化・スポーツ等特別推薦は6つの種目で行い、多様な能力を持つ生徒を受け入れています。

02

スポーツ特別強化校

本校は部活動が大変盛んで、30を超える部活動があり、加入率は80%を超えています。 相撲部と男子バレー部が東京都教育委員会よりスポーツ特別強化校に指定され、どの部活動も関東、全国大会を目指しています。

詳しくはこちら

03

充実した進路指導

3年間を通して、朝学習、講習や学系科目での実習・体験学習など充実した進路指導を行なっており、多様な進路を実現します。卒業後の自分を考えながら学校生活を送れるよう指導しています。

詳しくはこちら

足立新田高等学校の授業の特色

夢の実現に向けたカリキュラムを設定しています。

自分の進路や適性に
合った授業

2年次より「スポーツ健康系」「福祉保育系」「メディア文化系」の3コースに分かれて授業の選択を行い、進路や適性に合った実践的な内容を数多く学べます。

特別進学クラスの設置

大学受験に対応できる学力を身につけられる特別進学クラスを1学年につき1クラス設置しています。国語、数学、英語で1クラス2展開の習熟度別少人数制授業を実施しています。

習熟度別授業の実施

国語・数学で1、2学年、英語2、3学年で2クラス3展開の習熟度別少人数制授業を実施しています。生徒の実態に合った授業内容で、一人ひとりの学力を伸ばすことができます。

資格の取得にチャレンジ

漢検、英検、数検、ワープロ検定など様々な資格を在学中に受検することができ、希望の進路実現に生かせます。

本校の学系(学系列選択科目制)について

2学年から「スポーツ健康系」「福祉保育系」「メディア文化系」の3つの中から1つを選び、
選んだ学系の科目群から自分で学びたい授業を選択できる制度です。

スポーツ健康系

スポーツ健康系では現代生活において必要不可欠な「スポーツ・健康」について理解を深め、高校卒業後、生涯を通してスポーツを楽しむことができる「資質」や「能力」を育てることを目標としています。

福祉保育系

今後ますます必要とされる重要な分野である、社会福祉士、介護福祉士、ホームヘルパー養成のための専門教育機関(福祉関係大学・専門学校など)で学ぶ基礎的知識・技術準備の学習を目指します。

メディア文化系

将来必要となるコンピュータの技術を高校生のうちから身につける授業を行います。ワープロ検定やパソコン検定などの資格試験に合格することを目標としています。またコンピュータミュージックや動画編集などにも取り組むことができます。

部活動

部活動・同好会(運動系)

サッカー(男子)、バレーボール(男子)、バレーボール(女子)、バスケットボール(男子)、バスケットボール(女子)、野球(硬式)、ソフトボール、陸上競技、剣道、バドミントン、硬式テニス(男子)、硬式テニス(女子)、卓球、ダンス、水泳、相撲、アームレスリング、アーチェリー、チアリーディング、登山

部活動・同好会(文化系)

吹奏楽、軽音楽、演劇、料理、茶道、美術、文芸、英語、社会福祉、放送、多文化研究

行事

体育祭、球技大会、文化祭、修学旅行、遠足、ロードレース大会、合唱コンクールなどの高校生活の思い出を飾る行事が充実しています。