東京都立若葉総合高等学校

学校からのメッセージ

校舎の写真

校長あいさつ

校長 鈴木 光俊

原石を宝石に、君の個性に輝きを!

 本校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 私は、第7代校長の鈴木光俊(すずき みつとし)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 本校は、平成17年度に、都立で4番目の総合学科高校として開校し、「原石を宝石に、君の個性に輝きを!」をスローガンとして掲げ、教育活動に取り組んでまいりました。総合学科高校とは、従来の普通科と専門学科の両方の長所を取り入れ、生徒の興味・関心や、多様な進路希望にきめ細かく対応することができる学校です。カリキュラムに4系列(「人間探究」「芸術表現」「伝統継承」「情報交流」)を設置し、生徒は幅広い分野の科目から、自分の将来に結びつく「自分だけの時間割」を作成するとともに、本校の特色ある系統的なキャリア教育を通じて、自己実現に向けて努力をして行きます。

 本校の教育目標は、「自立の心と個性を伸ばす」としています。この「自立」とは、ただ自分一人で生きていくということではなく、「周囲と様々な関係性を保ちながら自分らしく生きる」ということを意味しています。昨今の社会情勢より、生徒たちの、社会との関わりが大変重要視されています。学びが役立つ機会の多くは、生徒たちが成長して社会と本格的に関わることによって成立します。したがって「学ぶことと自己の将来を見通す」ことは、生徒の学びが「社会に役立つ学び」となる重要な要件と捉えることができます。

 本校では開校以来、3年間の系統的なキャリア教育を推進しています。そのためキャリア・カウンセラーの導入により、具体的な進路相談体制の充実に努めています。普段の授業として実施している、「産業社会と人間」や「総合的な探究の時間(マイプロジェクトⅠ・Ⅱ)」だけでなく、学校生活全体(ノーチャイム、ノー放送等)では、生徒の「基礎的・汎用的能力(分野や職種に関わらず、社会的・職業的自立に向けて必要な基盤となる能力)」の育成に大変効果のある取組です。

 本校の生徒は、自校に誇りをもち、学校生活を生き生きと楽しく、様々な活動に積極的に取り組んでいます。また学校周辺の静かな環境、他の高校にはない充実した施設、特色ある様々な学校行事や部活動などを通じて、明るく楽しい学校を作り上げています。

 中学生の皆さん、中学生の保護者の皆様、指導に熱心な先生や目標に向かって頑張っている多くの先輩が皆さんをお待ちしています。現在シアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めているイチロー選手は、「夢は近づくと目標に変わる」と言っています。「夢」は何となく思い描くものですが、それが近づいて来ると現実味を帯びた「目標」となります。本校で自分の「夢」を「目標」に近づける努力をしませんか。
 在校生の皆さん、皆さんの一人一人の夢を叶えるために、全教職員でサポートします。分からないことや、心配なことは遠慮なく聞いてください。皆さんの力で新しい若葉総合の歴史を重ねていきましょう。
 現在は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、さまざまな制約が生じておりますが、在校生の保護者の皆様と連携を取りながらお子様の学びを支援してまいります。引き続き本校の教育活動への御理解と御支援をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

令和3年4月1日  東京都立若葉総合高等学校長 鈴木 光俊