東京都立若葉総合高等学校

特色

原石を宝石に 君の個性に輝きを!

授業風景写真

01

総合学科高校として開校

総合学科は、従来の普通科でも専門学科でもない、第3の学科として新たに誕生した全く新しいタイプの学科です。本校は平成17年に開校し、生徒一人ひとりの個性を伸ばす教育活動に取り組んでいます。

02

個性に合った進路を実現

生徒一人ひとりの興味関心や進路希望に応じて、多様な魅力ある選択科目の中から自分で科目を選択し時間割を組み立てて学習することによって、自分自身の夢、能力や可能性を伸ばすことのできる学校です。

03

社会人基礎力の育成

「産業社会と人間」の授業をはじめ、3年間の計画的、系統的なキャリア教育で、社会人基礎力(考え抜く力、前に踏み出す力、チームで働く力)を育てます。

若葉総合高等学校の4つの系列を紹介

学習を通して自分は何をやりたいのか、自分は何に向いているのか、自分は何ができるのかをじっくりと考えながら、自らの将来の進路を探索することができます。

人間探究系列

人間の在り方、生き方への共感を持たせるとともに、人間と人間、人間と自然との関わり「つながり」を探究し、人間相互の尊重や、人間を取り巻く自然・環境を大切にするこころを育てる。
【想定される進路】
心理系、福祉系、保育系、看護・医療系、スポーツ・健康系、環境系、その他への進学。

伝統継承系列

日本の文化の意義や役割への関心を高めさせるとともに、地域をはじめとする伝統文化の「ゆたかさ」を主体的に継承し、地域社会の発展に寄与する態度を育てる。
【想定される進路】
人文系、邦楽・書道等芸術系、教育系、その他への進学。

芸術表現系列

芸術表現の意義や役割への理解を深めさせるとともに、自己を的確に表現する「うるおい」ある想像力を培い、社会に発信する意欲を育てる。
【想定される進路】
美術系、音楽系、演劇系、その他への進学。

情報交流系列

語学・情報システム等、グローバル化するビジネス社会に不可欠な情報交流の技術・役割を理解させ主体的な国際社会との交流「ひろがり」の土台となる、コミュニケーション能力を育成する。
【想定される進路】
情報系、経済・経営系、流通系、国際・語学系、その他への進学。

若葉総合高等学校の取り組み

本校の指導体制や取り組みについて紹介します。

モーニングワーク

毎朝、8時25分から1・2年生を対象に「モーニングワーク」という取り組みを行い、学習を習慣づける環境があります。課題は、自分で適切なものを考えて行い、読書週間もあります。

マイプロジェクト1・2

開校以来、2・3年次には「探究活動」の授業を行なっています。興味・関心・進路などから独自のテーマを設定し、調査・探究活動を行い、論文作成やプレゼンテーションの力を養います。

特色ある授業「産業社会と人間」

週に2時間、自分の進路を1年かけてじっくり考える、総合学科で最も特色のある授業です。コミュニケーション能力の育成や社会で求められる力、今自分が何をすべきかなどについて考えます。

活発な部活動

部活動においては、運動系文化系共に盛んで、毎年いくつもの部活動が輝かしい実績を上げています。個性的な同好会・研究会も多く、生徒の自律心を大切に運営されています。

行事

新入生キャンプ、校外学習、体育祭、若葉祭(文化祭)、修学旅行、球技大会などの行事が盛りだくさんです。

体育祭パフォーマンス写真