東京都立戸山高等学校

沿革

補充中学校

明治21年9月16日
東京府学務課長元田直、東京府尋常中学校長丸山淑人、教諭今泉定助、皇典講究 所幹事松野勇雄が補充中学校を麹町区飯田町5丁目の皇典講究所内に創立。子爵 阿部正敬、校長となる。 校舎の校章写真
明治22年1月
子爵関博直、校長となる。

共立中学校

明治24年4月1日
共立中学校と改称。修業年限3年を5年とする。
明治26年3月
共立中学校第1回卒業式挙行。

東京府城北尋常中学校

明治27年4月1日
東京府城北尋常中学校と改称。
明治27年7月
城北尋常中学校第1回卒業式挙行。卒業生54名。
明治32年2月1日
東京府城北中学校と改称。

東京府立第四中学校

明治34年4月1日
東京府第四中学校と改称。
明治34年7月1日
東京府立第四中学校と改称。
明治37年1月
牛込区市ケ谷加賀町の新校舎に移転。
明治37年10月30日
開校式挙行。校歌発表(歌詞は戦後改作)。
明治43年10月
死亡職員・卒業生・生徒の御霊を祭る祠堂を建てて、29日遷霊式挙行。
大正3年4月
生徒定数600名を800名とする。
大正9年7月
校友会の事業として、千葉県安房郡岩井村(現在富山町)高崎に敷地購入、宿舎 建設。
大正12年5月20日
初めて城北会(同窓会)大会開催。
大正13年4月8日
四中夜間中学(私立)を本校内に創立。
大正14年
中学校卒業者に対し学力補充の目的を以て補習科を置く。修業年限1年。
大正15年7月
校友会がプールを建設。
昭和8年4月1日
四中夜間中学を東京府立四中夜間中学と改称。
昭和9年11月
財団法人深井奨学財団設立。
昭和12年4月28日
校友会を財団法人組織とし、栃木県那須郡那須村及び豊原にある御料地の払下を受け、地鎮祭を行う。
昭和12年5月1日
創立50周年記念式典挙行。
昭和12年9月17日
那須修養道場落成。
昭和16年4月
東京府立四中夜間中学を東京府立精思中学と改称。
昭和18年4月
東京府立精思中学を東京府立第四中学校第二部と改称。

東京都立第四中学校

昭和18年7月1日
東京都制施行につき、東京都立第四中学校と改称。
昭和20年
3月9日夜と4月13日夜の2度の空襲。
昭和20年4月16日
市ケ谷国民学校校舎に移転。
昭和21年4月
牛込国民学校高等科校舎に移転。
昭和21年5月17日
四中保護者会結成。
昭和21年7月
那須修養道場を那須農場と改称して、短期宿泊学習を再開。
昭和22年4月
六三制の新学制実施により、第1学年生徒は募集せず、第2・3学年を都立第四中学校併設中学校とし、第4・5学年を新制高等学校の課程とする。
昭和22年10月30日
創立60周年記念式典挙行。第1回学園祭を行う。
昭和22年
生徒自治会結成。

東京都立第四新制高等学校

昭和23年4月1日
新学制により東京都立第四新制高等学校となる。現校章制定。
昭和24年4月1日
東京都立第四高等学校と改称。男女共学となる。
昭和24年6月
生徒自治会を、第四高校生徒会に改組。
昭和24年7月15日
現校地(新宿区戸山3丁目19番1号)に移転完了。

東京都立戸山高等学校

昭和25年4月1日
東京都立戸山高等学校と改称。
昭和25年
現在の教育方針を制定。
昭和25年5月10日
火災により校舎全焼。12日より分散授業開始。
昭和25年7月
岩井寮での臨海宿泊講習再開。
昭和26年4月23日
校舎完成、分散授業解消。
昭和26年6月
戦後初めての修学旅行実施(6日~9日の3泊4日)関西方面。
昭和27年9月
創立65周年記念事業としてのプール完成。
昭和28年7月
岩井寮の水泳合宿が海水汚染のため中止。
昭和30年10月21日
理科(化学)教室棟落成。
昭和32年6月
第1回対新宿高校戦実施。(9日、16日)
昭和32年10月30日
創立70周年記念式典挙行。体育館兼講堂落成。
昭和35年7月
岩井寮宿舎大改修。臨海学校7年ぶりに再開。
昭和38年5月
深井奨学財団再開。(城北会より寄付を受ける)
昭和40年6月5日
学習に関する特別職員会議を年2回設ける。
昭和41年9月
学園祭を戸山祭と改称。(24日、25日、26日)
昭和42年4月1日
学校群制度発足。都立青山高校と組んで第22群となる。
昭和42年10月30日
創立80周年記念式典挙行。創立80周年記念会館(生徒会館)完成。
昭和44年5月28日
生徒指導のための特別職員会議を、従来の学習に関する特別職員会議のほかに、年2回設ける。
昭和45年5月
1年生HR合宿開始。(11日~17日)
昭和51年9月20日
那須寮宿舎焼失。
昭和52年10月29日
創立90周年記念式典挙行。
昭和53年7月16日
那須寮新宿舎竣工。
昭和54年7月
臨海学校参加希望者減少のため以後廃止となる。
昭和56年4月1日
臨時学級増措置により、第1学年10学級となる。(第1次)
昭和56年6月1日
地番表示変更により、学校所在地が新宿区戸山3丁目19番1号となる。
昭和56年7月10日
那須寮食堂棟、管理人棟竣工。
昭和57年1月12日
図書館新築落成式。
昭和57年2月
学校群制度廃止。グループによる合同選抜制度発足。本校は赤城台・駒場・目黒・ 都立大附属・新宿・青山・広尾の各校と第21グループとなる。
昭和59年4月1日
臨時学級増措置により、第1学年10学級となる。(第2次)
昭和60年7月4日
第二体育館(格技棟・プール)竣工。
昭和61年9月17日
大規模改修第1期工事竣工。
昭和62年3月10日
雨水流出抑制施設工事竣工。(グラウンド工事)
昭和62年4月1日
臨時学級増措置により、第1学年10学級となる。(第3次)
昭和62年10月30日
創立100周年記念碑建立。
昭和62年10月31日
創立100周年記念式典挙行。
昭和62年11月30日
大規模改修第2期工事竣工。(西館、中館、体育館、保健棟)
昭和63年11月29日
大規模改修第3期工事竣工。(東館、部室、記念会館)
平成元年3月22日
冷房設備工事竣工。(校長室、図書室、音楽室)
平成3年3月8日
環境整備工事竣工。(正門付近、インターロッキング、ラジアン池、外灯、植樹改修、自転車置場1棟新設)
平成3年9月20日
環境整備工事竣工。(防球網増設、自転車置場3棟新設、テニスコート周辺整備)
平成6年2月
グループ合同選抜制度廃止。単独入学選抜制度発足。
平成6年3月31日
開放用体育施設新設(屋外トイレ)工事竣工。
平成7年3月31日
校友会岩井寮閉寮。その歴史を閉じる。
平成7年4月1日
第1学年8学級となる。(学級減)
平成8年1月
推薦入学選抜を初めて実施。
平成8年4月1日
第1・2学年8学級となる。(学級減)
平成8年11月5日
災害時における学校施設の利用に関する協定を新宿区と締結する。
平成9年3月31日
防災用備蓄倉庫・濾水器設置。
平成9年4月1日
全学年8学級となる。
平成13年3月
東京都進学指導重点校に指定。
平成15年4月1日
学区制廃止。12月校舎・体育館改築工事竣工。
平成16年4月1日
文部科学省より都立高校で初めてスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定。(平成16~18年度)
平成17年6月25日
新校舎落成記念・ 創立118周年記念式典挙行。
平成19年4月1日
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定。(平成19~23年度)
平成20年3月31日
定時制課程閉課程。
平成20年10月30日
創立120周年。
平成24年4月1日
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の2年経過措置指定。
平成26年4月1日
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定。(平成26~30年度)第1学年が9学級となる。(臨時学級増)
平成28年4月1日
チーム・メディカル(医学部進学支援)実施。
平成29年4月1日
第1学年が9学級となる。(臨時学級増)
平成29年9月8日
創立130年周年記念式典挙行。
平成31年4月1日
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定。(平成31~令和4年度)