東京都立桜町高等学校

ニュース

2022/11/09 お知らせ

天文部が皆既月食・天王星食を観測しました

11月8日は皆既月食・天王星食でした。本校天文ドームにて、天文部員たちが天体望遠鏡による観測会を行いました。夜空は雲一つない最高のコンディション! 18時8分頃の部分食の始めから、20時ごろの最大の食まで、生徒たちは興奮状態で天体望遠鏡や望遠鏡をかわるがわる覗いたり、天体望遠鏡で月が欠けていく様子を撮影したりしました。皆既となった月は赤銅色と呼ばれる赤黒い色に見えます。望遠鏡を通して観ると赤っぽさがさらに際立ち、天文ドームは驚きと感動に溢れていました。また、昨夜は月食中に月が天王星を隠す「天王星食」もあり、皆既月食と惑星食が同時に起こることは日本では442年ぶりだったそうです。安土桃山時代以来の天文ショーだったのですね。

 

天文部月食6天文部月食5天文部月食13

天文部の活動の様子と、部員たちが撮影した写真と、部員の感想を掲載します。

天文部月食7天文部月食14天文部皆既月食

442年ぶりに皆既月食と天王星食が重なると聞いて、部員みんなとても楽しみにしていました。18時を過ぎたころから、左下の方からどんどん欠けていくのを見て驚きました。欠けてきたところから赤茶のような色に変化していき、月の近くに天王星が見えました。皆既最大の時の月はとても赤く輝いていてきれいでした。次に見られるのは332年後と聞いて、とても貴重な体験をしたと感じました。(2年A組 M.A )