校章

東京都立大山高等学校 定時制

学校からのメッセージ

校舎の写真

校長あいさつ

校長 田川 健太

都立大山高等学校定時制課程は、夜間定時制課程です。授業時間が夕方から夜にかけてであること、1日4時間授業で4年間での卒業を目指すこと以外は、昼間に授業を行う学校と同様の学習をします。しかし、給食があること、1学年1クラス(30人)と小規模であることなど、大山高校定時制ならではのこともあります。生徒も先生も少人数で、アットホームな雰囲気の中、「うちの学校ってさ」と、気さくに語り合っています。

今後どのように変化するか分からない世の中では、高校を卒業した後も自ら学び続けることができる力を身に付けることが求められています。校長となった私も日々学び続けています。授業だけではなく、生徒会や部活動、文化祭などの学校行事を始めとした様々な活動を通して、自ら学び続ける力を養って、社会で活躍してほしいと願っています。