教育目標・カリキュラム

教育目標・教育目標の考え方

教育目標

本校は、平成19年度より東京都教育委員会指定「エンカレッジスクール」として、“集い・鍛え・伸ばす ~学び直しで君の未来を変えよう~”を教育目標としています。これは本校が、“中学校までの学び直し”をコンセプトに、力を発揮できずにいる生徒が社会生活を送る上で必要な基礎的・基本的な学力を身に付けることを目標としているためです。社会に出てから役に立つことを学んでいきたい、基本的な勉強から、もう一度しっかりやり直したいといったような生徒の思いを応援し、励ます(encourage)のが本校の教育活動における特徴です。

教育目標の考え方

予測困難な現代社会では、未来の創り手となるために必要な知識や力を確実に備えることのできる学校教育の実現が求められています。エンカレッジスクールである本校の教育目標は、まさにそれに合致するものです。本校では教育目標を踏まえ、反復的な基礎的学習を中心に体験的学習や選択科目により、生徒の実態に応じて基礎・基本から改めて学び直す意欲や社会性を醸成する取組を行っています。また、教科学習以外でも生徒の個性を生かしながら社会生活への適応を積極的に図り、生徒自らが進路実現を明確に果たすことのできる取組を行っています。

先生からのメッセージ

公民科、進路指導部、淺川貴広

私は蒲田高校に赴任して7年目を迎えます。この7年間で本校も社会も変わりましたが、私の中で1つ変わらないことがあります。それは、蒲田高校ほど魅力的な学校はなく、蒲田高校の生徒ほど可能性に満ち溢れた生徒はいないということです。

蒲田高校に入学してくる生徒は大変素直な生徒が多い一方で、自己肯定感が持てず、自分の可能性に気づくことができていない生徒が少なくありません。しかし、本校に入学し多様な学校生活を送る中で、生徒は自身の可能性に気づいていきます。ある生徒は「政治・経済」の授業で学んだ経済分野の学習内容に興味を持ち、大学で経済学部に進学しました。別の生徒は「体験」の授業での農業の楽しさに気づき、農業の専門学校に進学しました。また別の生徒は、委員会活動で美化活動に取り組み、清掃会社に就職しました。

蒲田高校に在学中のみなさん、高校生活は自分の思い通りに進むことばかりではなく、今までの自分から生まれ変わろう、新しい可能性に挑もうとすると困難な場面にも遭遇します。そんな時は蒲田高校に入学した時の初心を思い返してみましょう。私たちは未来の自分に向けて頑張るみなさんを応援します。

そして、受験生のみなさん、蒲田高校は自分の可能性を伸ばすことのできる学校です。蒲田高校で、今まで気づかなかった自分の可能性を見つけ、新しい自分に挑んでみませんか。私たちはそれを応援します。蒲田高校でみなさんをお待ちしています。

学校のグランドデザイン

グランドデザインPDF(355KB)

学力スタンダード

2020年度 学力スタンダードは以下のファイルをご参照ください。

学力スタンダード国語(429KB)

学力スタンダード社会(1.1 MB)(1MB)

学力スタンダード数学(297KB)

学力スタンダード理科(573KB)

学力スタンダード英語(295KB)