東京都立八丈高等学校

  

特色

教育内容の充実と進路実績の向上を目指しています

01

「地域との協働による
高等学校教育改革推進事業」指定校

令和2(2020)年度から「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」に3年間の指定を受けました八丈島の歴史や課題などを探究する八丈学を学び、将来八丈島を支えることのできる人材、八丈島の良さを発信できる人材の育成を行っています。

02

ハワイ研修・ハワイ州
ワイアケア高校との姉妹校提携

ハワイ州ワイアケア高校と姉妹校提携を結び、ハワイ研修を通して、相互交流を行い、グローバル人材の育成を図っています。

03

都立大・産技大との高大連携

東京都立大学、産業技術大学院大学と高大連携して、島しょ活性化計画、地域人材の育成を通して、地域魅力化や国際社会で活躍する人材の育成を行っています。

八丈高等学校の学習

本校の学習の取り組みを紹介します。

本高校ならではの授業

本校には、八丈島の歴史や課題などを探究する「八丈学」、地域の特色を生かした授業を展開しています。また、ハワイ大学ヒロ校やワイアケア高校と連携したオンライン授業、東京都立大学との連携授業を行っています。

普通科

普通科は、大学・専門学校進学、就職まで、生徒の進路希望に応えられるように11の履修モデルを展開し、教育課程を編成しています。JETとの会話中心の授業や習熟度別授業、少人数制授業にも力を入れています。また、園芸科や家政科の授業の相互選択も行っています。

園芸科

園芸科は「農業の基礎・基本を学び、好ましい『職業観』の育成と地域の発展に寄与できる人材を育成する」ことを目標としています。また、令和元年度に食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられるJGAP認証を取得し、持続可能な農業を推進できる人材の育成を目指しています。

家政科

食物・被服分野に関する基礎的・基本的な知識と技能を習得するとともに、地域課題に自主的・主体的に取り組み解決する人材の育成を目標としています。フードデザインやファッション造形など、段階的にそれぞれの専門的な学びを高めていきます。

八丈高等学校の取り組み

本校は、生徒一人ひとりに寄り添い、地域とも密に連携をとるなど、様々な取り組みを行っています。

地域との連携

学校設定科目「郷土文化」では、地域と連携し、黄八丈制作、八丈太鼓、スクーバダイビングなど、郷土文化の理解と伝承を推進。八丈島の歴史や文化を探究的に学習する「八丈学」や、東京都の島の宝を掘り起こす東京宝島事業のお弁当レシピ開発も行なっています。

キャリア教育

本校では、3年間を見通した計画的な進路学習、キャリア教育を行っています。生徒一人ひとりの多様な進路に対応できるよう模試を活用した学力の定点観測、模試分析会のほか個別相談や面接・小論文指導に力を入れています。

生徒の主体性を育成

生徒によるハワイ島、伊豆諸島・小笠原との島しょ交流による国際理解教育・海洋教育・姉妹校事業の推進を行い、新しいことにチャレンジできる意欲的な生徒を育てています。

習熟度別授業

数学・英語での習熟度別授業を展開し、少人数制授業や多様な選択科目により、それぞれの適性・能力に適した学習指導を行なっています。

行事

遠足、体育祭、八高祭(文化祭)、移動教室、芸術鑑賞会、球技会、修学旅行、ロード記録会などの高校生活の宝物となる思い出を飾る行事が充実しています。