東京都立田園調布高等学校

ニュース

2022/09/28 お知らせ

ぽろにあ祭が行われました

令和4年 9月28日

ぽろにあ祭が行われました

 

 9月17日(土)、18日(日)の二日間にわたる「ぽろにあ祭」が無事終了しました。今年度のぽろにあ祭は3年ぶりに一般公開が可能となり、去年よりもにぎやかなものになりました。

 どの学年も各クラスも夏休み中から前日まで、クラスによっては当日ぎりぎりまで準備を頑張っていました。それだけに、当日はどこのクラスにも人が入り、生徒同士和気あいあいと各クラスを回ったり、写真を撮ったりと楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

 1学年は初めてのぽろにあ祭で企画の立案から、準備、クラス費用の使い方などあらゆることが初めての経験である中で、すべてのクラスが良いものを作ろうと皆頑張っていました。

 2学年は一般公開という形では初めてのぽろにあ祭でした。自分たちが楽しむのはもちろんのこと、外から参加した中学生やその保護者の方々も含めてたくさんの人が楽しめるにはどうすればよいかなど、クラスごとに色の異なる企画を立ち上げ、どのクラスも全力でした。

 3学年は、6つのクラスがそれぞれにオリジナルの脚本を考え、各クラス20分の劇を体育館で行いました。一昨年は中止、昨年は縮小規模での開催であり、3学年としても何もヒントがない中でどのクラスも、演出や舞台装置など試行錯誤を重ね、当日は素晴らしい作品を披露してくれました。

 また、筝曲部や吹奏楽部など多くの部活動がこの日のために企画を考え、練習を重ね、各教室での展示や舞台発表を行いました。どの部活動の発表も素晴らしく見ごたえ抜群のものでした。

ぽろにあ1

ぽろにあ2

 

 今年度のぽろにあ祭は3年ぶりの一般公開を再開し、来年度以降のぽろにあ祭を作っていくような、田園調布高校のすべての人にとって一つの挑戦となったと思いました。生徒たちはもちろん、担任の先生方、ぽろにあ祭の運営に携わっていただいた生活指導部の先生方、すべての先生が各方面で動いてくださり、生徒たちとともにぽろにあ祭を成功に導いてくださいました。

 田高すべての生徒、先生方へ、素晴らしいぽろにあ祭をありがとうございました。

 ぽろにあ祭終了後には「子供を笑顔にするプロジェクト」が実施され、タレントのAMEMIYAさんがサプライズ登場され、全校生徒の前で、「田園調布高校のみんなに捧げる歌」を熱唱してくれました。