東京都立田園調布高等学校

進路指導・キャリア教育

田高の進路指導

本校の進路指導は進路指導部を中心に、各学年や教科と連携しながら展開しています。高い志を持って入学してくる生徒たちが、その夢をふくらませ、実現できるように支援しています。進路目標を実現するために、各学年で行程表を示し、段階的に「進学」や「職業」について学ぶことができます。

アドバンストクラス(国公立大学選抜クラス)

令和3年度の入学生(72期生)から、従来のアドバンストクラス(学習先進クラス)の位置づけ見直し、国公立大学受験の準備を計画的に進めていく「国公立大学選抜クラス」としました。文系・理系に分断された学びからの脱却を目指す新しいカリキュラムのもと、国語・数学・英語・理科・地歴公民の5教科をバランスよく学び、一般入試に対応できる実力の養成を目指しています。 令和3年度(72期生)は土曜日授業の午後、水曜日の放課後などを補習日として、全国模試への準備(演習と解説)・振り返り、大学の模擬授業、進学ガイダンスなどを計画的に実施しています。

アドバンストクラスに関するQ&A

Q1:アドバンストクラス(国公立大学選抜クラス)のクラス数や選抜科目を詳しく教えて下さい。
A1:
  • 1学年・2学年にそれぞれ1クラスずつ編成します。
  • 1学年は新入生の希望者を対象に国語・数学・英語の3教科のテストを行い、成績上位者から選抜します。
  • 2学年は1年次に希望を募り、1学年の学習成績を総合的に判断して選抜します。
Q2:アドバンストクラス(国公立大学選抜クラス)の選抜テストの難易度はどれくらいですか?
A2:中学校で学習した範囲から出題されます。都立高校の学力検査よりも難易度が高い問題も含まれます。問題は本校で作成しています。
Q3:推薦入試で入学した場合でも、アドバンストクラス(国公立大学選抜クラス)を希望できますか?
A3:可能です。推薦に基づく選抜、学力検査に基づく選抜(前期・後期)、いずれの場合でも希望できます。(決定後の辞退は認めていませんので、設置の目的をよく理解して希望してください。)
Q4:アドバンストクラス(国公立大学選抜クラス)に入ると、他の生徒との一体感が損なわれませんか?
A4:学校行事は主として学年単位で行われ、部活動や委員会活動は学校全体で行われます。アドバンストクラスの生徒も一般クラスの生徒もクラスの垣根を越えてさまざまな場面で交流を深めています。
Q5:長期休業中の講習はありますか?
A5:夏季休業中に集中型講習を校内で実施し、自学自習の時間も含め、長時間集中して学習に取り組む力を身につけます。集中型講習も、学期中に実施される補習やガイダンスも、アドバンストクラス(国公立大学選抜クラス)の生徒は原則全員参加となります。

※注記:そのほか、ご不明な点は学校説明会や学校見学の際にお問い合わせください。

自学自習の習慣育成・新しい大学入試への対応

田園調布高校では、オリジナルの「ぽろにあ手帳」(ラーンズの今未来手帳をカスタマイズした手帳)を導入して、生徒自身が学習計画を立て、実際の学習時間や内容を記録することを通じて、自学自習の習慣づけに活用しています。

また、英語の4技能(読む・聞く・書く・話す)の伸びをはかるために1・2年次に「GTEC」(ベネッセの英語テスト)を全員が受験します。また、英検の受検を計画的に進めて、大学受験で活用できるよう1年次から生徒への指導をしています。

進路実現のための工程表

高校生活の一つひとつが進路実現に直結。時間厳守、授業と家庭学習、行事への積極的参加が田高Styleです。

1年行程表(2021)PDF(735KB)