東京都立赤羽北桜高等学校

学校からのメッセージ

校長あいさつ

校長
佐藤 幸司

東京都立赤羽北桜高等学校のホームペ-ジをご覧いただき、ありがとうございます。 令和4年4月1日に着任しました校長の佐藤幸司です。

本校は、昨年4月に北区西が丘に開校した、家庭学科、福祉学科、二つの学科を兼ね備えた都立で初めての学校となります。家庭学科には、幼児教育・保育系や栄養・健康系の上級学校への進学を目指す保育・栄養科と卒業と同時に調理師の資格の取れる調理科を、福祉学科には、介護福祉士国家試験受験資格を得ることができる介護福祉科、を設置しています。

いずれの学科においても、入学した生徒が専門学科高校で学んだことを生かして、家庭・福祉分野のエキスパートとして社会で貢献出来る人材になるために、本校では「スペシャリストの育成」、「探究活動の充実」、「地域との連携」の3つのコンセプトに基づき、授業・実習や学校行事、特別活動等の様々な教育活動を進めて参ります。

<コンセプト1> 家庭分野、福祉分野のスペシャリストの育成
幼児の成長を支える幼稚園教諭や保育士、食を通して人の健康を支える栄養士や管理栄養士、「美味しい」で人を幸せにする調理のプロ、人を支えたり高齢者と共に感動したりすることを願う介護福祉士を育成
<コンセプト2> 探究活動の充実
分析力、実践力、表現力等を育成し、総合型選抜・学校推薦型選抜等による上級学校への進学の実現を図るとともに、東京の地の利を生かして、大学等と連携を推進
<コンセプト3> 地域との連携
企業等におけるインターンシップや施設実習、「スクールレストラン」、「親子サロン」、「高齢者ふれあいカフェ」等の運営を通し、地域とともに生徒を育成

本校では、これらの3年間の専門的な学びを通して、困難な課題に対しても、自ら向き合い、他者と協働して課題解決を図り、周りの人も幸せにすることが出来る生徒の育成を目指しています。

このホームページは、そうした本校の様子の一端を感じ取っていただければ幸いと思い作成されています。是非ご覧いただいたうえで、次は実際にご来校いただき、本校の恵まれた環境と専門分野のスペシャリストを目指す北桜生の姿を見てください。

皆さんと直接お会いできる日を、教職員一同心よりお待ちしています。

令和4年4月1日