東京都立足立東高等学校

学校からのメッセージ

校舎外観の写真

足立東高校の特徴

生徒が主役の足立東高校!

生徒一人一人が自己の目標達成に向けて、元気に、本気で、やる気をもって頑張り、自らを成長させています。また、地域からの理解と支援を絶大なる追い風として教育活動の充実を図り、生徒や保護者、地域や都民の期待に応える学校として栄えています。
今年度も、『元気、本気、やる気の足立東高校』をスローガンに掲げ、『厳しく教えて優しく育てる足立東高校』を指導のモットーとして教育活動を展開してまいります。

本校(エンカレッジスクール)の主な特色!

  • 入学者選抜に学力検査を実施しない
    学ぶ意欲を重視した入学者選抜(面接・作文・実技検査)
  • 定期考査は実施しない
    日常の学習活動による学習評価
  • 基礎基本の定着を重視した授業体制
    • 習熟度別学習・・・・・・原則として2クラス4展開、4段階編成
    • 少人数指導・・・・・・・原則として2クラス3展開および1クラス2展開
    • スタディガイダンス・・・朝10分学習(1単位)
  • 体験学習の実施
    • 個性・資質・能力の伸長と進路意識の向上
    • 第1学年週1回(午後)実施、第2学年週2回(午後)実施
  • 第1学年は30分授業を実施
    集中力の維持と学習効果の最大化(国語・数学・英語・地歴・公民)
  • 二人担任制(第1・2学年)
    きめ細かな指導と指導の徹底

校長あいさつ

校長 平田 誠一

〇『シン・アダチヒガシ』

「勉強が苦手だった、できなかった」という『過去』は変えられない。
でも『学び直し』によって 『未来』は変えることができる。

足立東で大切なことは
「できるか、できないか」ではなく 「やるか、やらないか」。
生徒の『やる気』を引き出して伸ばす。
できない生徒をできないまま卒業させない。
『究極の学び直し』を目指して…、 それが『シン・アダチヒガシ』。
集え、足立東に! 鍛えよ、足立東で!

〇「元気・本気・やる気」の足立東高校!

 足立東高校は昭和51年4月に開校、平成15年4月に都立高校で初めてのエンカレッジスクールとして新たにスタートし、今年度で20年目を迎えました。
 エンカレッジ(encourage)とは、「励ます」、「力付ける」を意味します。生徒のやる気を育て、頑張りを励まし、応援しながら、勉強や学校行事・部活動などを通して学校生活を充実させる全日制普通科の高校です。
 本校は、「心身ともに健康で、知性と感性に富む人間性豊かな都民を育成する」ことを教育目標に掲げ、特色ある教育課程を通して、生徒一人一人を大切にしたきめ細かな学習指導(30分授業、スタディガイダンス等)や進路指導(キャリアガイダンス)を行っています。特に、体験学習においては、近隣の保育園や幼稚園、高齢者施設や障害者福祉施設、市民講師等からのご協力により、外部の方々とのかかわりをもちながら、他者と協調し、豊かな人間性を育むことをねらいとした多彩な活動を実践しています。1・2年次には「二人担任制」など面倒見の良さも抜群です。
 また、東京都教育委員会より「『学びの基盤』プロジェクト」研究協力校の指定を受け、「読解力」と「自ら学ぶ力」を醸成するための学習プログラムを開発します。このプログラムを通して、AI時代を見据え、社会人としてよりよく生きていく生徒を育成していきます。
 同様に東京都教育委員会から「基礎基本学習個別支援事業」に加え、今年度から「学力向上推進校」にも指定され、ベネッセとの連携を図りながら、「シン・アダチヒガシ」と銘打って、より一層「学び直しの充実」に向けて力を入れていきます。
 皆さんの中には、中学時代まで「やる気」を持ちながらも、十分に力を発揮できなかった生徒もいるかもしれません。足立東高校は、「学び直したい」「基礎学力を身に付けたい」「自己実現を図りたい」という意欲のある生徒を募集しています。本校での3年間を通じて、自己有用感や自己肯定感を高めながら、「やればできる!」と実感できるはずです。是非一度本校に来て、その特色や魅力を肌で感じてみてください。足立東高校では、「元気・本気・やる気」に満ちた生徒の皆さんのご入学を心からお待ちしています。

〇校長プロフ

  • 足立区生まれ、足立区育ち
  • 講道館柔道六段
  • 空道・大道塾参段(全日本空道選手権準優勝、世界大会出場)
  • 剣道初段
  • 弓道初段

校長が考える足立東高校の学力向上に向けたPDCAサイクル
校長が考える足立東版究極の学び直しスタイル