東京都立南多摩中等教育学校

災害時対応・各種届出

災害時の対応について

悪天候の場合の登下校の判断基準について<生徒手帳より>

 台風接近や大雪など悪天候で、多摩地域のいずれかに「暴風警報」「暴風雪警報」「特別警報」が発令されている場合には、以下のように判断する。
(各種注意報、大雨警報・洪水警報・大雪警報は除く)

1. 午前6時以前に上記の「警報」が解除されている場合は、平常授業。
2. 午前6時の時点で上記の「警報」が発令されている場合は、自宅で待機する。
3. 午前6時から午前8時の間に上記の「警報」が解除された場合は、3時限目から授業開始。
4. 午前8時から午前10時30分の間に上記の「警報」が解除された場合は、5時限目から授業開始。
5. 午前10時30分の時点で上記の「警報」が発令されている場合は、休校(自宅学習日)とする。

※ 大雨警報・洪水警報・大雪警報が発令されている時は、登校に十分注意すること。
※ 各交通機関の運行状況の乱れによって遅れる場合は、遅刻扱いとしない。

☆ 授業を途中で打ち切り、下校させる場合
 生徒が学校にいるときに台風が接近し、強風注意報が発令され、それが暴風警報に変わりそうな場合は、適宜対処する。

 なお、これらは基本的な判断基準を示したものであり、天候の状況によっては、その都度、判断することがある。

 また、居住地域により登校が危険であると保護者が判断した場合には、自宅待機とし、保護者から学校への連絡により、欠席については配慮

令和4年度 入学者決定に関する適性検査(令和4年2月3日実施)の本人得点開示について