東京都立南多摩中等教育学校

ニュース

2022/06/02 フィールドワーク

Cross the Border講演会「行政からの学び」

6月1日(水)、4年生対象Cross the Border講演会第2弾 「行政からの学び」が行われました。

八王子市役所 子ども家庭部 青少年若者課の皆様をお招きして、2040年の地域環境、地域づくりの必要性とこれまでの実践、具体的な地域課題などについてご講演いただきました。講演後には、各教室で仮想の市の職員であるという設定のもと政策(選挙公約)を考えるグループワークを行い、身近な環境に大小問わず様々な課題があることが再確認できたようでした。

2月には八王子市と近隣都立高校が集まり、高校生のまちづくり提案発表会を実施する予定です。

昨年度はLWP(ライフワークプロジェクト:本校での探究活動の名称)のテーマとして「駅前の喫煙所の副流煙問題」と「若年層向けの八王子の情報発信」を取り上げていた生徒が提案発表をしました。過去には「こどもの学習支援」に関する提案が八王子市に採用され、本校と八王子市の連携により市政として実現したこともあります。

LWPのテーマ設定は生徒個人の課題意識やキャリアプランに対応しています。今日の講演会がきっかけとなり、今年度も八王子市に関する研究が行われることを期待しています。

生徒の感想

〇 日本の人口だけでを見るのではなく、市の人口を見ることでその地域の特性が読み取れるのだなと思った。行政ばかりが主導するのではなく、その地域に住む人たちが考えるということが重要だと思った。

〇 LWPは2年間研究を続けるということもあって、大きなテーマを考えていたけど、こんな身近なことでもいいんだなと思った。

〇 日本共通の問題(少子高齢化など)と八王子特有の問題(就職する人の流出)が混在して八王子ができているのだなと思った。

〇 八王子市に大学が多く、人が沢山来るということは知っていたけれど、人口がそれによって増えているということは知らなかったので驚いた。また、2040年には何ができて人口もどのように変化するのかを考える機会にもなったのでよかった。

〇 結構社会とかで勉強した日本の問題と同じ問題を八王子も抱えているのだなと思った

〇 町づくりについて地域カルテを作っていることや市の課題から何をすべきかを考えることか市の強みや魅力を見つけるということが自分のライフワークプロジェクトでも活かせるところがあったので良い機会になりました。

〇 いつも身近にある地域の話題なのに、よく考えると課題点や解決案がたくさん埋もれていることに気づいた。地域の話題は実地調査が可能なのも魅力だと思った。

〇 八王子市には課題が多くあるけど、それに対する取り組みもしっかりあるということに安心した。地域づくり推進会議というのは、行政と地域住民の協力が深まってとてもいいなと思った。

MicrosoftTeams-image (18)20220601-1 20220601-2

20220601-3 20220601-4