校章

東京都立八王子東高等学校

学校からのメッセージ

気球の写真

校長あいさつ

統括校長 佐藤 聖一

 今の日本を取り巻く状況は、国内においては、能登半島おける震災や、物価高、運送業や建設業を始めとした二千二十四年問題に向き合う必要があります。また、世界を見渡すと、ウクライナや中東での出来事など、日本の国内外において、喫緊かつ解決困難な課題が多く、先行き不透明な状況が続いています。

 この変化の激しい時代の中を逞しく、そして、しなやかに生き、リーダーとなり社会に貢献できる人を育てることが、八王子東高校のミッションです。

 本校は、生徒の皆さんを、自らの力で伸びようとする「新しい芽」と考え、その芽を大切に育てるように、生徒一人一人の可能性を最大限まで伸ばすことを目指し、様々な教育活動を展開してきました。

 開校以来、多くの若人が、この八王子東高校において、身に付けた幅広く深い教養と確かな学力、入学時から卒業時を見据え計画的に行われた進路指導、生徒が主体的に取り組む学校行事や部活動などを通して、自らの能力を開花させ、それぞれが抱く高い「志」を自分のものとし、実現してきました。

 本校の特色は、様々な教育活動の一つ一つを丁寧に行うところにあります。

 加えて、高校三年間を見通した探究活動は、生徒一人一人が自ら課題を見出し、各教科・科目の学びを融合させ、データ分析や論理的思考、仲間との協働作業を通して、より良い解決策を導き出す力やその解決策を伝える表現力等を身に付ける取組であり、学校全体で推進しています。

 さらに、台湾やカナダ・トロント、本校をフィールドとする本校独自のグローバル教育は、豊かな国際感覚を身に付け、異文化を理解する若い感性に大きな刺激を与え、日本の現状を知り今後すべきことや新たな目標を考えるきっかけとなりうるものです。

 今後も、これらの取組をさらに発展・進化させ、生徒が、変化の激しい社会に対応していくことに加え、地球規模の課題についても、その能力を存分に発揮し、解決に向けて取り組めるよう努力していきます。

 第49期生が入学します。

新入生は、高校生活への大きな期待と新しい生活への不安も若干抱えていると思います。この学校での生活が長い2、3年生は、新入生一人ひとりを笑顔で迎え、学校全体が一体となるよう牽引して欲しいと思います。

そして、卒業生から教わった素晴らしい「伝統」を、一体となった在校生が引継ぎ、授業を始めとして今年度予定の学校行事、部活動、委員会活動等を通して、新たな八王子東高校の「伝統」創り上げていくことを期待します。

 この一年間、在校生にとって貴重な一年となります。勉強をはじめ何事にも全力で取り組みましょう。

 中学生の皆さんもぜひ八王子東高校で、将来の夢の実現に向けて素晴らしい仲間と一緒に自分を磨き高めましょう。

統括校長 佐藤 聖一