東京都立府中高等学校

進路指導・キャリア教育

キャリア教育の充実

府中高校は、生徒一人ひとりの希望を生かし、それぞれの進路の夢を実現させるため、さまざまな進路行事・指導プログラムを用意しています。

本校の進路指導の特徴
  • 入学時から進路指導を開始
  • 模試等を活用し多角的に分析、多様化する入試に対応
  • 面談中心の個別指導
本生徒一人ひとりの進路づくりを、3年間をとおしてサポート
  • 学年ごとの筋目に、様々なガイダンスを設定。進路希望を見つけ、その実現に向けて全力でサポート。
  • 4年制大学への志願者は年々増加して80%以上、中堅大学〜難関大学の合格者はここ数年で大きく増加。
  • 短期大学、専門学校、公務員、民間企業への就職などへの希望者にも、説明会や講習会など、きめ細かい対応をしています。
「大学入試改革」に向けた対応
  • 英語外部検定試験への対応
    3年次にスコアがしっかり取れるよう計画的に準備。1年次から「GTEC・4技能」試験を全員必修化。
  • ポートフォリオの蓄積
    1年次から「classi」を導入。自己の振り返りと活動記録の蓄積。
  • 思考力・判断力・表現力の育成
    授業や学校行事をとおして、3つの力の育成の機会を増やす。
  • 教科分析と対策
    担当教員による模擬試験の分析会やケース会議をとおして課題を明確にし、入試に対応できる力をつける工夫を各教科で取組。

進路指導・キャリア教育

府中高校の進路指導プログラムPDF(227KB)