校章

東京都立田無高等学校

学校からのメッセージ

校舎の写真

校長あいさつ

校長 藤田 豊

この度は本校のホームページをご覧くださり、誠にありがとうございます。

 本校は、「田無市に都立高校を開設してほしい」という当時の田無市民の熱い思いを受けて、昭和58年4月7日に第一期生を迎えました。その時から、先輩たちの努力の積み重ねにより、卒業生は1万1894人(令和5年3月31日現在)、社会の各分野で活躍しています。また、地域の皆様に支えられて、令和4年度には、創立40周年を迎えました。

 都立小金井公園や多摩湖自転車道からほど近く、緑豊かで自然が広がる、生き生きとした高校生活を送るにふさわしい環境です。正門から敷地に入ると正面にある階段(シンデレラ階段と呼んでいます)が目に留まります。生徒たちもこの階段がお気に入りです。

 自転車で通学する生徒も多く、雨の日の登校時には嬉しい「レインコートかけ」も準備されています。

 本校は、教育目標として次の4点を掲げ教育活動を進めております。
叡智:knowledge and wisdom: 個性の伸長を図り、知性と創造力を育てる。
敬愛:respect and love: 互いに人格を尊敬し、思いやりと協力の精神を培う。
剛健:strength and soundness: 身体を鍛えるとともに、たくましく豊かな情操を養う。
自律:self-discipline: 自ら正しく判断し、勇気と責任ある行動をする。

 学力の向上と定着、応用力の育成と自ら学ぶ力の育成を目指す生徒のための学校として、部活動や学校行事等の様々な教育活動や、地域行事への協力、近隣の小学校、中学校、特別支援学校との交流を深めることを通して、グローバル社会に対応し、多様な人々とコミュニケーションが取れる人材を育成します。

 令和4年度から、東京都教育委員会から、理数教育の推進に向けた、「SIP(Scientific Inquiry Program)拠点校」の指定を受け、本校科学部を中心に活動を行い、生徒の理数に関する興味・関心を高めてまいります。
 また、本校「硬式テニス(男)」「陸上競技(男女)」が、東京都教育委員会から、科学的トレーニングの積極的な導入等により、短時間で効果が得られるような合理的でかつ効率的・効果的な活動を推進する「Sport-Science Promotion Club」の指定を受けています。
 これら二つの部活動を含め、柔道部、硬式野球部、女子バレーボール部の5つの部活動では、文化・スポーツ等特別推薦を実施しています。本校の部活動は、16の運動部と10の文化部(同好会含む)で構成され、いずれも活発に活動を行っております。
 学ぶ意欲の向上と部活動推進の両面から東京都教育委員会からの支援を受け、創立40周年を機に、これまで以上に教職員一丸となり、さらなる本校の発展を目指してまいります。
 新型コロナウイルス感染症への対応のため、生徒に我慢を強いる場面もありました。昨年度は制限がありつつも、なんとか各行事を行うことができました。生徒にとっては、人生で一度の高校生活です。令和5年度についても、感染状況を見極めながら、可能な限り通常の教育活動を行う所存です。ご家庭におかれましても、感染予防について、お子様にお声かけいただき、自分だけではなく、周囲の人に思いを馳せて行動するような人となるようにご協力ください。

 地域の皆様におかれましては、本校の教育活動を温かく見守っていただくとともに、ご理解ご支援の程お願い申し上げます。本校の教育について、お気づきの点がございましたら、学校までご連絡をいただきますようお願いいたします。

 本校ホームページにおきましても、随時、学校の動きなどをお知らせしてまいりますので、お時間がある際はぜひご覧いただけると幸いです。

東京都立田無高等学校長 藤田 豊
令和5年4月