東京都立練馬工業高等学校

  

沿革

昭和37年12月1日
東京都教育委員会規則第33号 (昭和37年12月6日公布同月1日より適用) 東京都立学校設置に関する規則の一部を改正する規則により設置される。
東京都立練馬工業高等学校長川畑一発令され開校準備を始める。
昭和37年12月17日
東京都立第四商業高等学校内に仮事務所を設ける。
昭和38年3月7日
東京都練馬区仲町5丁目4649番地の新校舎一部竣工仮引継を受ける。
昭和38年3月14日
仮事務所より新校舎に移転を行う。 校歌の石碑の写真
昭和38年4月4日
新校舎一部竣工仮引継を受ける。
昭和38年4月8日
第1回入学式挙行。機械科6クラス,電気科2クラス(以下略)
昭和38年4月25日
第一期工事(校舎)竣工本引継を受ける。
昭和38年10月11日
第二期工事(実習棟)竣工本引継を受ける。
昭和39年4月28日
第三期工事(校舎)竣工本引継を受ける。
昭和41年3月8日
第1回卒業式挙行。(以下略)
昭和43年5月25日
体育館竣工本引継を受ける。
校歌制定。
昭和44年3月31日
校長川畑一都立王子工業高等学校長に転任。
昭和44年4月1日
都立葛西工業高等学校教頭菅沢一之校長として着任。
昭和47年3月31日
特別教育活動部室竣工。
昭和47年11月3日
創立10周年記念式典挙行。
昭和48年3月31日
校長菅沢一之都立王子工業高等学校長に転任。
昭和48年4月1日
都立化学工業高等学校教頭中吉一夫校長として着任。
昭和52年3月31日
校長中吉一夫退職。
昭和52年4月1日
都立武蔵丘高等学校教頭湊敬一校長として着任。
昭和57年3月31日
校長湊敬一退職。
昭和57年4月1日
都立豊多摩高等学校教頭高橋俊司校長として着任。
昭和57年10月31日
創立20周年記念式典挙行。
昭和60年3月31日
校長高橋俊司都立久留米高等学校長に転任。
昭和60年4月1日
都立小石川工業高等学校教頭加藤昭二校長として着任。
昭和63年3月31日
体育館改築・格技棟竣工。
校長加藤昭二退職。
昭和63年4月1日
都立葛西工業高等学校教頭石塚明校長として着任。
機械科2クラスを電子機械科2クラスに学科改編。
昭和63年10月8日
格技棟落成記念式典挙行。
平成2年11月17日
校舎改修竣工。
平成3年4月1日
都立工芸高等学校教頭原田靜男校長として着任。
機械科3クラスとなる。
平成4年4月1日
機械科2クラスとなる。
平成5年5月22日
創立30周年記念式典挙行。
平成6年3月7日
家庭科教室棟竣工。
平成6年3月31日
校長原田靜男退職。
平成6年4月1日
都立足立工業高等学校教頭熊谷輝哉校長として着任。
電気科1クラスとなる。
平成10年3月31日
校長熊谷輝哉退職。
平成10年4月1日
都立江東工業高等学校校長小池敏男校長として着任。
平成13年3月31日
校長小池敏男退職。
平成13年4月1日
都立葛西工業高等学校校長田邉泰正校長として着任。
平成14年11月16日
創立40周年記念式典挙行。
平成15年3月31日
校長田邉泰正退職。
平成15年4月1日
都立八王子工業高等学校教頭清水一幸校長として着任。
平成15年10月17日
校舎耐震補強(1期)工事竣工。
平成16年10月8日
校舎耐震補強(2期)工事竣工。
平成17年3月10日
エンカレッジスクールに指定される。
ラウンドその他改修工事竣工。
平成18年4月1日
キャリア技術科5クラスとなる。
平成19年3月31日
生徒玄関その他改修工事竣工。
平成20年3月31日
冷暖房その他設備工事竣工。
校長清水一幸都立日野台高等学校長に転任。
平成20年4月1日
都立駒場高等学校副校長竹内秀一校長として着任。
平成23年3月31日
校長竹内秀一都立石神井高等学校長に転任。
平成23年4月1日
都立若葉総合高等学校校長立石武則校長として着任。
平成24年8月1日
仮設プレハブ棟新設。
平成24年11月下旬
校舎改築工事竣工。
平成26年9月中旬
第一期工事(校舎)A棟竣工。
平成26年12月6日
創立50周年記念式典挙行。
平成27年3月31日
校長立石武則都立小金井北高等学校校長に転任。
平成27年4月1日
都立大泉桜高等学校校長宮下義弘校長として着任。
平成27年12月上旬
B棟(自動車実習棟)竣工。
平成28年3月上旬
C棟(プール・駐輪場)竣工。
平成28年11月中旬
グラウンド竣工。
平成29年3月31日
校長宮下義弘退職。
平成29年4月1日
教育庁指導部主任指導主事守屋文俊校長として着任。