東京都立蔵前工業高等学校

学校からのメッセージ

設備計画室の写真

校長あいさつ

校長 釼持 利治

蔵工で先端技術を学ぼう!

 本校は、大正13年(1924年)の創立です。以来、都立高校としてはもちろん、全国的にも、本校の知名度は高く、工業高校を代表する伝統校であると自負しています。

 現在、全日制課程は、機械、電気、建築、設備工業の4学科を設置し、それぞれの専門的な知識・技能を身に付けるための実習を中心とした実践的な授業を展開しています。全校をあげて取り組んでいることは、生徒の進路実現に直結する「資格取得指導」「キャリア教育」「身だしなみ指導」です。その成果として、就職希望者の内定率はほぼ100%であり、難関といわれる大企業や、その分野でのオンリーワンの技術を持った企業に多くの生徒が就職しています。大学進学希望者に対しては、多くの大学から指定校推薦枠をいただき、非常に恵まれた環境にあると言えます。もちろん、進学後の学習に備え、基礎・基本の学力から始め、発展・応用のレベルまで指導する体制を整えています。

 さて、蔵前工業は新たな時代を迎えようとしています。Society5.0を支える工業高校の実現を目指ざし、産業界における技術革新やDXを推進します。先端技術分野の学習、ITとものづくりを組み合わせた学習を強化することで、これからのものづくり企業で求められる技術革新に対応できる人材を育成します。ものづくりや技術の進歩を楽しむとともに、専門性を高めたいと希望する生徒に、より充実した先端技術の教育環境を提供していきます。充実した教育環境で、将来への基礎を固め、共に新たな社会を切り開く仲間を作りませんか。

 入学を検討されている方は、是非本校にお越しください。学校見学は随時受け付けております。皆様のご来校、心よりお待ち申し上げます。