東京都立葛飾商業高等学校

沿革

昭和37年
東京都の高校生急増対策の第一着手として、現在の位置(葛飾区新宿3-14-1 約8,700坪)に新校舎を建築。
従前の東京都立金町高等学校に全日制課程商業科が新設され、校名を東京都立葛飾商業高等学校と変更し、新発足する。
初代学校長・山田市郎就任。商業科9学級。
昭和37年4月16日
校章・校旗・制服を制定
全日制開校式挙行
昭和37年5月1日
開校記念日
昭和37年5月19日
後援会創立、第1回総会開催
昭和37年5月21日
生徒会創立
新築鉄筋校舎第1期工事完了
昭和37年6月12日
新築鉄筋校舎第2期工事着手
昭和37年11月2日
新築鉄筋校舎第1期工事落成記念式ならびに校歌制定披露式挙行
昭和38年2月19日
新築鉄筋校舎第2期工事完了
昭和38年4月2日
新築鉄筋校舎第3期工事着手
昭和39年2月12日
新築鉄筋校舎第3期工事完了
昭和39年8月14日
体育館工事着手
昭和40年2月19日
体育館竣工
昭和40年10月7日
校舎ならびに体育館落成記念式挙行
昭和41年2月11日
昭和40年度研究協力校発表会(進路指導)
昭和42年6月25日
生徒部室竣工
昭和42年12月21日
プール工事竣工
昭和43年2月9日
照明塔設置
昭和43年3月31日
学校長・山田市郎退職
昭和43年4月1日
第二代学校長・羽賀靖就任
昭和43年7月1日
プール落成式挙行
昭和46年11月20日
創立10周年記念式典挙行
昭和47年3月31日
学校長・羽賀靖退職
昭和47年4月1日
第三代学校長・渡部秀雄就任
昭和53年3月31日
学校長・渡部秀雄退職
昭和53年4月1日
第四代学校長・田中宏平就任
昭和55年2月26日
電算機(NEACシステム150)導入
昭和57年10月25日
校舎全面改築工事
昭和57年11月10日
創立20周年記念式典挙行
昭和58年4月1日
第1学年のみ臨時1学級増、10学級となる
昭和59年3月31日
学校長・田中宏平退職
昭和59年4月1日
第五代学校長・川島恒夫就任
昭和59年4月1日
新校舎完成
昭和60年4月1日
第1学年のみ臨時1学級増、10学級となる
昭和60年4月1日
制服改訂
昭和60年5月
プール改修完成
昭和62年3月31日
学校長・川島恒夫退任
昭和62年4月1日
第六代学校長・黒柳正雄就任
平成元年3月31日
学校長・黒柳正雄転任
平成元年4月1日
第七代学校長・宮松繁夫就任
平成4年3月31日
学校長・宮松繁夫転任
平成4年4月1日
第八代学校長・嶋澤仂就任
平成4年4月1日
情報処理科設置2学級、商業科5学級、計7学級となる
平成4年5月1日
創立30周年記念誌発行
平成7年3月4日
情報処理科1期生卒業
平成8年3月31日
学校長・嶋澤仂退職
平成8年4月1日
第九代学校長・井出功孝就任
平成8年4月1日
体育施設開放
平成8年4月1日
第1学年学級減、6学級となる
平成9年4月1日
第2学年学級減、6学級となる
平成10年4月1日
第3学年学級減、6学級となる
平成11年3月31日
学校長・井出功孝退職
平成11年4月1日
第十代学校長・高橋久子就任
平成14年12月25日
創立40周年記念式典挙行
平成15年3月31日
学校長・高橋久子退職
平成15年4月1日
第十一代学校長・山崎和夫就任
平成17年2月24日
グランド、テニスコート改修
平成17年3月31日
学校長・山崎和夫退職
平成17年4月1日
第十二代学校長・山下敬緯子就任
平成21年3月31日
学校長・山下敬緯子転任
平成21年4月1日
第十三代学校長・小山公央就任
平成24年3月31日
学校長・小山公央転任
平成24年4月1日
第十四代学校長・高石公一就任
平成24年11月2日
創立50周年記念式典挙行
平成29年3月31日
学校長・高石公一転任
平成29年4月1日
第十五代学校長・昼間一雄就任
平成29年4月1日
「アクティブ・ラーニング推進指定校」(3年間)となる
平成29年4月1日
日本赤十字社東京都支部青少年赤十字学校加盟校となる
平成30年4月1日
東京都NIE推進協議会「NIE実践指定校」(2年間)となる
平成30年4月9日
ビジネス科1期生入学(学科改編)
平成31年3月
定時制70周年記念誌発行
平成31年4月1日
「ALCMコミュニティ事業参加校」(3年間)となる
令和2年3月7日
第56回卒業式(商業科・情報処理科としての最後の卒業式)挙行
令和4年
創立60周年  学校の写真