東京都立杉並工業高等学校

  

ニュース

2021/07/15 校長便り

校長便り 20210715

7月15日(’木)本日はオリンピック・パラリンピック教育の一環として、義肢装具士の富永修一様とパラアスリートの岸俊介様をお招きして講演会を行いました。

富永様からは、義肢とは、装具とは、義肢装具士とはといった基本的な事柄から、「人が喜ぶから作る意欲がわいてくる」「ものづくりは人を幸せにする」などといった、ものづくりの心を教えていただきました。また、立位テニス全日本選手権で優勝経験もある岸様からは、ご自分の経歴から左足を失った理由、その後のスポーツとの出会い、人との出会いを、全日本での活躍など、時にユーモアを織り交ぜながらお話しいただきました。

生徒は、義肢装具スペシャリストの話やパラアスリートの話を、自らのキャリアデザインに結び付けて聞いていました。休憩時間に講師の先生に積極的に質問している生徒もいました。3年生では課題研究があります。課題研究のテーマ決めのヒントにもなったのではないでしょうか。

杉工生は、ものづくりの心を持って未来のスペシャリストを目指します!

IMG_0542.JPGIMG_0543.JPGIMG_0547.JPGIMG_0548.JPGIMG_0544.JPG