東京都立杉並工業高等学校

  

ニュース

2020/12/17 校長便り

校長便り 20201217

11月「東京未来ファクトリー」がスタートしました。本プログラムは、「高度な知識・技術や工学的思考力・発想力をもった未来の『スペシャリスト』」と「東京の課題を解決し得る次代のトップランナー」の育成を目指しています。AIをテーマに各分野の専門家から話を聞いたり、技術についてのディスカッションを行ったりする短期集中型の講座を経て、高度なものづくり技術の素養や、社会課題を解決できる問題解決能力を身に付けていきます。

都立工業高校の代表の生徒23名が集まりました。杉並工業高校からは1年C組の樋口諒君が参加しています。

第1回は11月14日に行われ、「Ingress」や「Pokémon GO」の開発で知られるNianticの川島優志氏に講師としてお招きし、「道を踏み外す」をテーマで講演していただきました。

第2回は11月21日に行われ、角川アスキー総合研究所遠藤氏、(株)GClue佐々木氏を講師としてお招きし、「AIカーを走らせてみよう」をテーマに、講義と実演を行いました。

第3回は 11月22日に行われ、 面白法人カヤック 執行役員 柴田氏を講師にお招ねきし、「アイデアソンDAY」をテーマに、夢やアイデアについてグループデイスカッションしてプレゼンテーションを行いました。

第4回は12月19日に行われる予定です。

杉並工業高校生は、本プラグラムに参加したくさんのことを学びました。この学びをきっかけに、未来のスペシャリストを目指し更なる飛躍が期待されています。      

1未来.png未来2.png未来3.png