東京都立杉並工業高等学校

  

卒業生紹介

徳本さん顔写真

2015年度本校 電子科卒業

徳本 由生

現:杉並工業高等学校(教諭)

中学生の頃の私は、勉強が嫌いで、とくにやりたいこともありませんでした。
工業に関する知識など全く知らないうえに、パソコンもほとんど使ったことがなかったのですが、「工業高校なら高卒で就職しやすいだろう」、「ロボットやプログラミングなら少し興味あるかな」といった軽い気持ちで、杉並工業の電子科に入学しました。

しかし、どの授業においても、先生方が親身になって、丁寧に教えてくださるので、「授業についていけないかも」といった不安は入学早々に無くなりました。また、実習を通して、授業で学んだ知識を基に、実際にものづくりができることはとても楽しく、勉強することも次第に楽しくなっていきました。
自分に自信が持てるようになり、様々な資格取得に挑戦するなど、自ら進んで物事に取り組み始めるようになりました。

電子科では、三年生になると「課題研究」という授業があります。
生徒それぞれが、研究したいもの、製作したいものを自分たちで決め、1年通して取り組んでいく授業です。私は風力発電機の製作に取り組みました。いろいろな壁にぶつかり、上手くいかないこともありましたが、仲間と協力して一つのものを作り上げたことは、これまでの経験に無い満足感が得られました。また、自分達が製作したもので大会に出場し、他校の生徒達と競い合ったことは、悔しさもありつつ、楽しさと達成感がありました。

中学生の皆さん、ぜひ杉並工業で、「ものづくり」の楽しさを通じて、自身の将来につながる学び、経験をしてみませんか?