2020/10/29 町田工科高校の最新情報について MORE

学校からのメッセージ

校舎の写真

校長あいさつ

校長 山之口 和宏

幅広い「ITスキル」と社会人として備えるべき「考える力」を身につけ、『Society5.0』で活躍する技術者を育成します。

都立町田工業高校ホームページにおいでいただき、ありがとうございます。

人類はその歴史の中で、狩猟、農耕、工業、情報の順に社会を発展させてきました(それぞれをSociety1.0~4.0と呼びます)。そして今、IoTやビッグデータ、人工知能(AI)など情報分野を中心とした第四次産業革命が進み、近い将来、新しい社会『Society5.0』が訪れると言われています。そこでは、ITスキル(情報技術に関連した知識・技能)を備え柔軟な発想で課題に対応できる人材、特に若い技術者の力が必要とされます。

町田工業高校はこれまで、2年次から5つの系列で人材を育成してきましたが、上記の時代背景に基づき系列の一部を見直しました。具体的には、「アプリケーション」と「情報システム」を発展的に統合して「情報テクノロジー」とし、令和2年度入学生の2年次から「情報デザイン」、「情報テクノロジー(2学級予定)」、「電気システム」、「機械システム」の4系列5学級としました。これにより『Society5.0』を創り、守り、育て、広い範囲で即戦力として活躍し未来を担う技術者を育成します。

中学生のみなさん。どのような形であれ『Society5.0』ではみなさんの力が必要です。大学で専門知識を身につけ社会で活躍することを目指して普通高校進学を考えている人も多いでしょう。しかし『Society5.0』を迎えようとするこれからの時代に、入れる普通高校、入れる私立高校への進学で道は開けるでしょうか。

町田工業高校には、今のみなさんが持っている力をこれからの社会で生かせる力にまで高めてくれる環境、幅広い進路(就職・進学)を実現するための体制が整っています。ぜひ一度、本校に足を運んでください。あなたの力を『Society5.0』で生かせる道がはっきりと見えることでしょう。お待ちしています。

現在想定されている『Society5.0』の姿

「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」(内閣府のホームページより)